理学療法コース
Faculty

学部・大学院

健康医療スポーツ学部 リハビリテーション学科(※)

理学療法コース

※2021年4月より変更

理学療法コース
理学療法コース

住み慣れた場所での暮らしを支える
理学療法と豊かなこころを育む

確かな実践能力を養う、3つの学び

早期より学内で
臨床技能修得を段階的に導入

生活と理学療法を結びつけて考えられるように、段階的に実習を行います。また、自らも障害という状況を体験し実践能力を養います。

「接遇」と「気づき」を重視した
心理的対応を具体的に学ぶ

対象者への具体的な援助となる言葉がけや挨拶などの「接遇」や、身体や心理、社会における関係を発見するための「気づき」を養います。

幼児期から終末期までの
臨床に必要な知識・技術を修得

高齢化社会、疾病構造の変化を前提に、地域社会を重視し、医療、介護、健康増進を目的とした知識・技術を修得します。

取得可能資格

  • 理学療法士国家試験受験資格
  • 初級障がい者スポーツ指導員

目指せる資格

  • 福祉住環境コーディネーター など

想定される進路

  • リハビリテーションセンター
  • 総合病院・一般病院・大学病院
  • 整形外科病院・クリニック
  • 訪問看護ステーション・在宅支援センター所属の理学療法士
  • 保健所・行政機関
  • 障害児(者)通所・入園施設
  • スポーツ関連施設
  • 老人保健施設
  • 大学院進学 など

卒業生の就職先・進路

健康医療スポーツ学部の就職実績の詳細はこちら

業種別

 

在学生の声

<small>4年</small> 小野 文也<small>さん</small>
4年 小野 文也さん 千葉県・木更津総合高等学校出身

実践能力を身につけ柔軟に対応する理学療法士を目指す

高校でケガをした際、理学療法士の方にメンタル面も支えてもらい、目標の職業になりました。現在は整形外科疾患、脳血管疾患など座学で学んだ知識を、臨床現場で発揮できるように仲間と共に切磋琢磨しています。将来は身につけたコミュニケーション能力をさらに磨き、患者さんの不安を軽減させ、臨機応変に対応する理学療法士が目標です。
※2020年度取材

4年間の学びの流れ

1年次

人と関わり、心を向きあう
人との出会いのなかで「命」の尊さを思い、人の気持ちや立場で生活を察しながら、障害の構造を学びます。

【学外実習】
臨床実習Ⅰ[8日間]

2年次

専門分野の基礎を固める
1年次に修得した基礎知識を土台に、専門科目を学びはじめます。理論や知識を実習で確実なものとし、臨床的思考獲得に取り組みます。

3年次

臨床実習で理解を深める
臨床実習を経験し、理学療法が対象者の基本動作改善や再獲得につながることを実践を通して理解します。

【学外実習】
臨床実習Ⅱ[4週間]
臨床実習Ⅲ[7週間]

4年次

国家資格取得に向け取り組む
理学療法の展開を通して生まれた事実について明らかにすることを学び、理学療法士の資格取得を目指します。

【学外実習】
臨床実習Ⅳ[8週間]

ピックアップ授業

理学療法治療学

本科目では、2年次までに学んだ解剖学・運動学・生理学と各種疾患の知識を基に整形外科疾患に対する運動療法や治療技術を修得します。小児から高齢者、スポーツ選手にまで応用できる運動療法の実践と指導方法を学び、近年の幅広いニーズに応える実践能力を身につけます。

運動学

健常な人間の身体運動がいかなる仕組みや過程のもとに成立しているのかについて、関節や筋肉の構造面から学びます。理学療法士として、障がいのある方々の動作を理解し、分析できるようになるために特に重要な科目です。