理学療法学科
Faculty

学部・大学院

健康医療スポーツ学部

理学療法学科

理学療法学科
理学療法学科

住み慣れた場所での暮らしを支える理学療法と
豊かなこころを育む

対象となる方に、住み慣れた場所で暮らしていただくための理学療法を展開できる理学療法マインドを伝えます。さらに、障がいをもちながらスポーツを行うことができることを伝えられるセラピストを養成します。

理学療法学科の強み

人間の身体を数値化! 独自の学びを展開!

理学療法学科では、人間の動作を可能な限り数値化する目的で動作解析装置・重心動揺計・筋電図測定装置・筋機能解析装置・呼気ガス分析装置を導入しています。これらの装置はさらに、スポーツ分野においても応用を考えています。

早期より学内で
臨床技能修得を段階的に導入

生活と理学療法を結びつけて考えられるように、段階的に実習を行います。また、自らも障害という状況を体験し実践能力を養います。

「接遇」と「気づき」を重視した
心理的対応を具体的に学ぶ

対象者への具体的な援助となる言葉かけや挨拶などの「接遇」や、身体や心理、社会における関係を発見するための「気づき」を養います。

幼児期から終末期までの臨床に
必要な知識・技術を修得

高齢化社会、疾病構造の変化を前提に、地域社会を重視し、医療・介護・健康増進を目的とした知識・技術を修得します。

取得可能資格

  • 理学療法士国家試験受験資格
  • 初級障がい者スポーツ指導員

目指せる資格

  • 福祉住環境コーディネーター など

想定される進路

  • リハビリテーションセンター
  • 総合病院・一般病院・大学病院
  • 整形外科病院・クリニック
  • 訪問看護ステーション・在宅支援センター所属の理学療法士
  • 保健所・行政機関

卒業生の就職先・進路

健康医療スポーツ学部の就職実績の詳細はこちら

業種別

 

在学生の声

<small>3年</small> 佐藤 柚花<small>さん</small>
3年 佐藤 柚花さん 秋田県・県立由利高等学校出身

身につけた知識で多くの選手を救ってあげたい

高校生のときにケガをした経験から、理学療法士を目指すようになりました。物理療法の実習は、座学だけでなく実際にマッサージを行ったり電気を流したりします。部活でケガをしたメンバーにケアの方法を提案できるようになったので、授業で学んだことは現場でも活かせています。将来は、自分のようにケガをした選手のリハビリに携わりたいです。
※2019年度取材

4年間の学びの流れ

1年次

人と関わり、心を向きあう
人との出会いのなかで「命」の尊さを思い、人の気持ちや立場で生活を察しながら、障害の構造を学びます。

【学外実習】
理学療法臨床実習Ⅰ[8日間]

2年次

専門分野の基礎を固める
1年次に修得した基礎知識を土台に、専門科目を学び始めます。理論や知識を実習で確実なものとし、臨床的思考獲得に取り組みます。

3年次

臨床実習で理解を深める
臨床実習を経験し、理学療法が対象者の基本動作改善や再獲得につながることを実践を通して理解します。

【学外実習】
理学療法臨床実習Ⅱ[4週間]
理学療法臨床実習Ⅲ[7週間]

4年次

国家試験対策に取り組む
理学療法の展開を通して生まれた事実について明らかにすることを学び、理学療法士の資格取得を目指します。

【学外実習】
理学療法臨床実習Ⅳ[8週間]

ピックアップ授業

物理療法学実習

長尾 邦彦 教授

本実習は、身体に物理的刺激(温熱・電気・寒冷など)を加えたとき、身体機能にどのような変化が生じるかを定量的(脈拍・血圧・筋力・関節可動域など)な測定を行い、その結果をレポートとして作成することを目標にしています。

運動理学療法学実習

田中 直樹 講師

運動理学療法学実習では、2年次までに学んだ解剖学・運動学・生理学と各種疾患の知識を基に整形外科疾患に対する運動療法や治療技術を修得します。小児から高齢者、スポーツ選手にまで応用できる運動療法の実践と指導方法を学び、近年田中 直樹 講師 の幅広いニーズに応える実践能力を身につけます。