保育・幼稚園コース
Faculty

学部・大学院

現代ライフ学部 児童学科

保育・幼稚園コース

保育・幼稚園コース
保育・幼稚園コース

こどもを健やかに育み、保護者にも信頼される
「乳幼児教育」の専門家を養成

確かな実践能力を養う、3つの学び

実際に体を動かしながら
実践的に学ぶ

保育の基本的な知識や技術について体を使って動いたり、いろいろな製作をしたり、手遊び、絵本の読み聞かせなどをしたりして学びます。

保育現場の実習を通して学ぶ

保育所や幼稚園、福祉施設での実習を通して保育者に求められる知識や技能を学びます。また、学内の「プリプリキッズ・ユニバ」で地域の親子と関わりながら子育て支援について学びます。

保育者に求められる
役割や知識を修得する

保育とは、どのような営みか、保育者の役割とは何か、その歴史に学び、社会が求める保育者の役割についての学びを深めます。

取得可能資格

  • 保育士
  • 幼稚園教諭一種免許状
  • 小学校教諭一種免許状
  • 司書教諭※1
  • レクリエーション・インストラクター
  • 学芸員
  • 図書館司書

※ 2つ以上(教職を含む)の資格を取得する場合、時間割などの都合で4年以上かかる場合があります。
※1 小学校教諭免許状を取得し、かつ所定の単位を修得し、卒業することにより取得できる資格。

想定される進路

  • 保育所
  • 幼稚園
  • 児童養護施設
  • 乳児院
  • 児童館
  • 障害者支援施設
  • 児童発達支援センター
  • 小学校 など

卒業生の就職先・進路

現代ライフ学部の就職実績の詳細はこちら

業種別

 

在学生の声

<small>4年</small> 重水 梨湖<small>さん</small>
4年 重水 梨湖さん 東京都・大成高等学校出身

児童と保護者に寄り添う保育者を目指しています

一般の方も利用する「プリプリキッズ・ユニバ」があることで、実習以前に児童や保護者の方々と触れ合う経験を多く積めることが本学を選んだ決め手です。授業では保護者への接し方も学べたことが自信につながり、保育者として何をすべきか考えられるようになったのが成長した点です。将来は児童と保護者のどちらにも寄り添える先生になりたいです。

4年間の学びの流れ

1年次

乳幼児教育の基礎を固める

保育・幼児教育の基本的な知識や保育に関わる基礎的な技術、ピアノの演奏技術や遊び、製作についての基本的なことを学びます。

2年次

保育の理解を深める

1年次に学んだことを踏まえて、さらに保育の内容への理解を深めるために、実践的に学びます。

3年次

実践から知識を修得する

保育所や福祉施設での実習に向けて、保育内容やこどもとの関わり方などについて具体的に学びます。その後、実習を行います。

【学外実習】
保育所実習[2週間]
施設実習[2週間]

4年次

保育者として成長する

3年次の実習を踏まえて、幼稚園実習を経験します。さらに保育所・施設の選択実習を経て、保育者になるための学びを深めます。

【学外実習】
教育実習〈幼稚園〉(選択者)[4週間]
施設実習(選択者)[2週間]
保育所実習(選択者)[2週間]
教育実習〈小学校〉(選抜者)[4週間]

ピックアップ授業

こどもと音楽

保育現場で求められる音楽的な技能や知識を身につけ、豊かな感性と表現力を養います。こどもの音楽的発達を理解し、年齢にふさわしい環境構成の仕方を学びます。こどもの表現を受け止め、援助しながら音楽活動へと導く実践的な力と柔軟な心を培います。

保育内容(表現)

こどもにとって歌う・作る・踊る・描くことすべてが表現となります。自分自身が表現する経験を通して、こどもの気持ちを捉え、表現について考えていきます。こどもの小さな表現一つひとつを見逃さず、共に楽しめる保育者となれる力を育てます。