• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

健康医療スポーツ学部作業療法学科
千葉キャンパス

実践能力を重視した講義と実習で
地域に役立つ人材を養成

実践的な観点から基礎医学や作業療法を学び、さらに地域で生活する人をより理解するために、社会学、心理学などの幅広い知識を修得。真に医療現場で活躍できる作業療法士を養成します。

TOPICS
地域で活躍する作業療法士を目指す!!

1年次から障がいのある方に授業へ参加していただいたり、ボランティアとして様々な障がい者の活動に参加する機会を通し実践的な知識、技術を学びます。

POINT1 1年次から
医療・福祉の現場体験や実習、
地域活動を体験
1年次から、様々な実習を体験することで医療従事者に必要な感性を養います。また、クライエントの良き協力者となるためのコミュニケーション能力を高めます。
POINT2 小グループの
学生主体で取り組む
「問題基盤型学習」を重視
臨床現場で求められる専門的知識、実践的知識を養うために、「問題基盤型学習」を重視。ビデオや模擬患者を通して主体的に行動します。
POINT3 地域社会で活躍するために
社会見学などを通して
地域特性を理解
地域に密着した作業療法士を目指し、社会見学などを通して、障がいのある方が地域社会でどのように生活しているかを学びます。
取得可能資格
作業療法士国家試験受験資格/初級障がい者スポーツ指導員
想定される進路
総合・一般・大学・労災などの各病院、精神科病院/リハビリテーションセンターなどの医療機関/肢体不自由児施設/
介護老人保健施設/福祉センター・特別養護老人ホームなどの保健福祉施設/大学院進学 など

ページの先頭へ

4年間の学びの流れ

千葉

基礎科目で幅広い教養を身につけます。また、基礎作業療法学や現場体験を通し、専門分野の動機づけを行います。

[学外実習]
  • 臨床実習I(作業療法見学実習)【4日間】
千葉

基礎・臨床医学と並行して、身体障害・精神障害・発達障害・高齢期障害領域の作業療法について学びます。

千葉

各領域の作業療法について、学内及び臨床実習で学びを深めます。また、地域でどのように作業療法を展開するかを学びます。

[学外実習]
  • 臨床実習II(身体障害領域評価実習)【3週間】
  • 臨床実習III(精神障害領域評価実習)【3週間】
千葉

総合的な臨床実習で作業療法の基礎技術を修得します。独自のテーマでの卒業研究、国家試験の準備にも取り組みます。

[学外実習]
  • 臨床実習IV(評価から治療までの総合実習)【8週間】
  • 臨床実習V(評価から治療までの総合実習)【8週間】

ページの先頭へ

ピックアップ授業

リハビリテーション概論

関 一彦 教授(作業療法学科長)

リハビリテーション医学の特質を理解し、基礎となる医学や臨床医学との連携、医療・保健・福祉の重要性の理解につなげます。講義では、適宜、個人の作業や少人数グループによるPBL(問題発見・解決型学習)の形態もとります。

日常生活活動技術学

伯母 治 准教授

食事や更衣動作など日常生活動作は病気や怪我等により動作困難となることがあります。疾患の特性を理解し最適な治療方法や福祉用具を提供できるよう学び、動作方法はもちろんのこと相手の心に寄り添う対応について学習します。

ページの先頭へ

VOICE 在学生の声

身体が不自由になった人の食事や入浴、外出などの訓練をする作業療法士。動くことから一歩踏み込んだ訓練に携われるところに魅力を感じています。見学実習では、やりがいだけではなく、現場の厳しさも目の当たりにしました。支えは、同じ目標を持つクラスメイト。皆で誕生日を祝い合うほど仲が良い自慢のクラスです。彼らと共に、患者さんに頼られる作業療法士になれるよう、切磋琢磨していきたいです。

小松 諄 2年 長野県・上田染谷丘高等学校出身
※平成29年度取材

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る