世界遺産と防災:歴史的都市における持続可能な生活と観光開発
THU Innovations
THU Innovations

世界遺産と防災:歴史的都市における
持続可能な生活と観光開発

  • 世界遺産
  • 建築
  • 減災・防災
  • レジリエンス
  • 観光

Tomoko
Kano

狩野 朋子准教授

観光経営学科

東京大学大学院工学系研究科 建築学専攻博士課程 修了。学士(工学)、修士(工学)、博士(工学)。研究分野は建築学(都市計画・建築計画)、観光学(地域・観光まちづくり)。「世界遺産と防災」などを主なテーマとして、まちや住居群を対象とした空間研究と提案を行っている。

異分野との協働を通して、日常に寄り添った減災・防災計画を提案

近年、地震のほか、気候変動による災害で、毎年のように世界遺産の被災を目の当たりにしている。私たちは、人々のよりどころとして地域社会を支えてきたこれらの文化遺産を、次の世代につなげていかなければならない。そこで狩野 准教授は、歴史的なまちであることを生かし、世界遺産エリア(=観光地)におけるリスクマネージメントを考える研究を進めている。

「まちや住居群の減災・防災を考えるとき、空間つまり“ハード”からのみでは、限定的な見方になってしまうと常々感じていました。人々の生活や習慣などの“ソフト”にも着目しないと、計画が地域に浸透せずに、ひとり歩きしてしまうという感覚がつきまとっていたのです。そもそも歴史的なまちには、数々の自然災害を乗り越えてきた知恵が詰まっています。そのため、異分野との協働を通して、歴史や文化、生活や生業をみて、人々に継承されてきた知恵をひろい集めながら空間をとらえることができれば、より日常に寄り添った減災・防災計画を提案できるのではないかと考えたのです」(狩野 准教授)

「世界遺産と防災:アジアにおけるヘリテージツーリズムの持続的発展のために(科研・基盤研究B、2016年4月~2019年3月)」は、狩野 准教授が建築学と人類学・観光学の研究者と協働で実施した研究である。3年間で、日本、インドネシア、中国、ネパール、トルコ等で現地調査を行い、大学や国際機関で自然災害に対する取り組みや乗り越えていくための知恵、防災意識の違い、マスタープランを含む計画などを共有した。最終年にはトルコの世界遺産ベルガマにおいて、市役所ユネスコ課と共同主催で、専門家会議と住民ワークショップを実現。トルコでは住民主体の防災組織がなく、世界遺産エリアでの防災計画も発展途上なので、本研究は一般社会にも影響を与えている。研究成果は複数の国際会議で発表され、その一部はまもなく書籍としても出版される。

海外研究者や専門家と新たな防災教育プログラムをデザインし、
文化的に価値のある観光都市を未来につなげていく

トルコ・ベルガマで実施した住民ワークショップでは、減災・防災に関する課題が明らかになった。現在はその継続研究として「世界遺産エリアにおける公共空間の防災対策(科研・基盤研究C、2020年4月~2023年3月)」に取り組んでいる。研究開始後にベルガマが所在するイズミル県で大地震(エーゲ海地震)が発生したことで、現地における減災・防災に対する意識はますます高まっており、狩野 准教授らの研究に期待が集まっている。
「2021年9月には、日本学術振興会の委託業務として、新たな研究がスタート。トルコの企業や大学のほか、立命館大学、東京大学、文京学院大学など日本国内の研究者・専門家とともに二国間交流事業共同研究『イスタンブール歴史地区の防災強化に向けた共助体制構築とITツールの効果的活用実証』に取り組みます。これは、東京都(文京区)とイスタンブールで実施したJICAプロジェクトをベースとするもので、これからは、具体的な防災教育プログラムの構築を進めていきます。次の世代に魅力的な都市と建築をつなげていくためのレジリエントな空間デザインに、責任をもって携わっていかねばと、身の引き締まる思いです」(狩野 准教授)

研究の詳細はこちら〈Heritage Town project (heritage-town.jp)〉