臨床工学コース
Faculty

学部・大学院

健康メディカル学部 医療科学科

臨床工学コース

臨床工学コース
臨床工学コース

高度先進医療の根幹を支える
医療機器を扱うスペシャリストを養成

確かな実践能力を養う、3つの学び

医学と工学の基礎知識を修得し
専門知識の基本を養う

医療現場で医学及び工学の双方の知識を必要とする臨床工学技士にとって、基本的な学修を授業で学び専門職への資質を養います。

学内実習では病院内で使用されている機器を使用し実践能力を養う

3年次における学内実習では、実際に医療現場で使用されている医療機器を使用した実践的学修を行い臨床実習への準備を確実にします。

所定の単位を修得することで臨床工学技士国家試験受験資格取得

工学基礎、臨床医学などを修得することで臨床工学技士国家試験受験資格を得ることができます。また、合格者数も全国上位を誇ります。

取得可能資格

  • 臨床工学技士国家試験受験資格

目指せる資格

  • 第1種・第2種ME技術実力検定(在学中)
  • 基本情報技術者(在学中)
  • 透析技術認定士(臨床工学技士取得後取得可能)
  • 体外循環技術認定士(臨床工学技士取得後取得可能)など

想定される進路

  • 総合病院
  • 大学病院
  • クリニック
  • 医療機器メーカー(開発・保守・サービス・営業職) など

卒業生の就職先・進路

健康メディカル学部の就職実績の詳細はこちら

業種別

 

在学生の声

<small>3年</small>  程塚 美也<small>さん</small>
3年 程塚 美也さん 茨城県・常総学院高等学校出身

最先端の医療機器が揃った環境で専門的な知識が学べる

祖父が入院していたことがキッカケで、臨床工学技士の仕事を知り、現代医療に必要な最先端機器が揃った環境の中で学べることが魅力で本学を選びました。1年次は座学が中心でしたが、現在は実習が増え、医療器具の使用法や資格取得に必要な基礎知識など、より専門的に学ぶことができています。今学んでいることは、将来の目標に向けた自信につながっています。
※2020年度取材

4年間の学びの流れ

1年次 幅広い教養を身につける
数学、基礎医学、電気・機械工学、情報工学、医用機器学など幅広く基礎的科目をしっかり学び、同時に責任ある医療人としての資質を養います。
2年次

基礎を応用し知識を深める
1年次の学修を基礎とし、生体機能代行装置学、医用治療機器学、生体計測装置学などの専門分野や、実験などを通し具体的な知識と技術の修得を行います。

3年次 学内実習から学ぶ
専門科目を中心に、学内実習を通してより実践的な知識と技術を修得。学会の認定試験などにも挑戦し今後への自信につなげます。
4年次

国家資格取得に向け取り組む
臨床実習を行い、臨床工学技士としての実践能力を高め、医療現場へ第1歩を踏み出す準備を行います。さらに国家試験にも備えます。

【学外実習】 臨床実習[6週間]

ピックアップ授業

生体機能代行装置学実習

人間が何気なく行っている呼吸、その呼吸が止まってしまうと命の危険にさらされます。この様なとき必要になってくる医療機器が人工呼吸器です。呼吸の代わりを行う人工呼吸器について、生理学的仕組みを十分理解し学びます。

電子情報工学実験

今までに座学で学んだ、電気、電子、情報工学は、医療機器を理解するための基礎知識となります。ここでは、それらの基礎知識を基に、実際に様々な回路を作製し、その動作を観測し、考察することで、実践的学修を行い、理解を深めるとともに、活きた知識として身につけていくことを目指します。