小学校・特別支援コース
Faculty

学部・大学院

人文社会学部 児童学科

小学校・特別支援コース

小学校・特別支援コース
小学校・特別支援コース

教育から心理、福祉までの幅広い学びで
「子どものエキスパート」を養成

紹介動画

確かな実践能力を養う3つの学び

学びの多様性を支え、
子どもたちのウェルビーイングを
高める教員の養成

本コースで取得が可能な「特別支援学校教諭一種免許状」の教育領域については、「知的障害者、肢体不自由者、病弱者」の3領域が取得可能です。通常の学級における子どもたちの発達の多様性への理解に必要な知識と、その子どもたちのニーズに応えることのできる支援の在り方について深く学ぶことができます。

小学校での学校インターン
シップや介護等体験などの
実践教育

1年次から小学校での学校インターンシップを体験し、3年次には特別支援学校などで介護等体験に取り組み、常に実践的に学んでいきます。

子どもについて幅広い
分野から学ぶことで
指導の専門家を目指す

教育、心理、健康など、様々な分野から子どもについて学び、専門的知識を高めて実践的な学びとの統合を図ります。

※2022年5月時点男女比

5 5

男5:女5

取得可能資格

  • 小学校教諭一種免許状
  • 特別支援学校教諭一種免許状
    ( 知的障害者・肢体不自由者・病弱者)※1 
  • 児童指導員任用資格/司書教諭※1 
  • レクリエーション・インストラクター
  • キャンプインストラクター
  • 学芸員
  • 司書

※1 小学校教諭免許状を取得し、かつ所定の単位を修得し、卒業することにより取得できる資格。
2つ以上(教職を含む)の資格を取得する場合、時間割などの都合で4年以上かかる場合があります。

想定される進路

  • 小学校教諭:小学校
  • 特別支援学校教諭:特別支援学校
  • 学童
  • 児童館
  • 幼児体育
  • 指導員 など

卒業生の就職先・進路

人文社会学部の就職実績の詳細はこちら

業種別

 

在学生の声

<small>4年</small>杉山 美羽<small>さん</small>
4年杉山 美羽さん 神奈川県・明徳学園相洋高等学校出身

挑戦し続ける姿を見せることが子どもたちの壁を乗り越える力に

本コースは体験しながら学べる点が魅力です。模擬授業は教師役だけでなく児童役になりきることで、支援策が具体的に見えてくると感じました。特別支援教育の指導法では、実際に自分が困難な状況を体験することでよりよい指導や支援を考えるきっかけになりました。私のモットーはチャレンジすることです。自分が挑戦し続けることで、子どもたちにも壁を乗り越えていく力を身につけて欲しいです。
※2024年度取材

 

4年間の学びの流れ

1年次

実践の現場を体験する
基礎的な科目を学ぶことで幅広い教養を身につけるとともに、小学校での学校インターンシップなど実践的な体験により、教育の専門家としての視点を養っていきます。

[学外実習]
学校インターンシップ[実習校13回]

2年次 教育者として学びを深める
身につけた幅広い教養と教育の専門家としての視点を土台にし、子どもを対象とした教育者としての専門的な科目を学びはじめ、実践と理論の統合を図ります。
3年次

実習に備え実践能力を磨く
4年次の教育実習に向け事前演習に取り組みます。教科教育法で身につけた指導案をもとに模擬授業を実施し、実践能力を高めます。

[学外実習]
介護等体験(特別支援学校、社会福祉施設)[7日間以上]

4年次

教育実習を体験する
小学校や特別支援学校において教育実習を中心に実施。子どものエキスパートとして能力を総合的に高め、4年間の総仕上げを行います。

[学外実習]
小学校教育実習[4週間]/障害児教育実習(特別支援学校)[2週間]

ピックアップ授業

教育相談

教育相談は、一部の教員だけが実施するのではなく、全教職員が取組むものとされています。本科目では、教員として教育相談を実施するために必要となる基礎的な知識と技術について、講義だけでなく受講者同士の対話や演習を通して身につけてもらうことを目的としています。

教科教育法(国語)

小学生は入学してから卒業するまでに、1461コマ以上の国語の授業を受けます。「どうすれば毎時間の国語の授業が楽しくて、力のつくものになるのか」、本科目では常にそのことに考えを巡らせます。国語教育に関する幅広い知識と学習指導方法が身につくよう、学生を児童に見立てた模擬授業やワークショップ型の授業を展開しています。