救急救命士コース
Faculty

学部・大学院

健康医療スポーツ学部 医療スポーツ学科

救急救命士コース

救急救命士コース
救急救命士コース

救急医療の現場で地域に貢献できる人材を養成

確かな実践能力を養う、3つの学び

救急救命士の使命を十分理解するために現場実習を体験

救急救命士に求められる倫理についての学修や、様々な現場での実習を通して、業務における使命を理解します。

救急救命士国家試験対策特別演習など
国家試験合格へ向けて知識と技術を修得

充実した教育環境と設備のなかで、救急医療における現代の諸問題に関心を持ち、その解決方法を考察し知的探究心を深めます。

恵まれた教育環境により
実践能力を修得

情報科学から心理まで幅広い分野を学修し、総合的・多角的に考察力を養います。救急医療の高度化に対応できるよう模擬救急車も用意されています。

取得可能資格

  • 救急救命士国家試験受験資格
  • 初級障がい者スポーツ指導員

目指せる資格

  • AHA BLSヘルスケアプロバイダー
  • AHA ACLSプロバイダー など

想定される進路

  • 消防機関
  • 海上保安庁
  • 陸海空自衛隊
  • 都道府県警察本部
  • 救命救急センター
  • 病院
  • 鉄道
  • 警備会社
  • 民間救急事業者
  • 民間企業
  • 看護大学
  • 大学院進学 など

卒業生の就職先・進路

健康医療スポーツ学部の就職実績の詳細はこちら

業種別

 

在学生の声

<small>2年</small> 千葉 愛海<small>さん</small>
2年 千葉 愛海さん 千葉県・市立船橋高等学校出身

実習を通してチームワークや社会で役立つ知識が身につく

救急搬送された経験と、オープンキャンパスで本コースを知り志望しました。授業では解剖生理学などの座学に加え、実習ではAEDの使い方や胸骨圧迫の仕方などを、実際の救急隊員のようにチームを組み、役割分担をして覚えていきます。チームワークの大切さや社会で役に立つ新たな知識とスキルが身についていることが実感でき、日々、自分の成長を感じています。
※2020年度取材

4年間の学びの流れ

1年次 救急医学の基礎を学ぶ
「人体の構造」、「人体の機能」、「救急医療概論」など救急医学の基礎となる科目を学びます。実習では、世界標準のBLS(一次救命処置)が学べます。
2年次

専門性を向上させる
1年次に学んだ基礎知識を土台として、救急医学の専門性の高い科目を履修します。

3年次

臨床・救急の現場を体験
救命救急センターや消防機関などの協力のもとで臨床実習や救急用自動車同乗実習を、学外の臨床現場や救急現場にて行います。

【学外実習】
救急用自動車同乗実習[10日間]
臨床実習[10日間]

4年次 国家資格取得に向け取り組む
救急救命士国家試験合格に向けた学修で、学びの集大成を行います。

ピックアップ授業

救急症候学

救急現場では、患者さんの訴える様々な症状や所見を観察し、原因となる病態を判断して、適切な医療機関へ搬送する必要があります。救急の現場活動の基本となる救急症候学を学修します。

疾病救急

救急症候学は患者さんの症状から病気を読み解く学問に対し、疾病救急は病名(心筋梗塞とは・脳梗塞とはなど)から病気を読み解いていきます。救急医療の対象となる疾患を中心に詳説するほか、非医療従事者でも知っている今日話題となっている病気についても解説し、病院実習・救急用自動車同乗実習につながる科目を展開していきます。