作業療法学科
Faculty

学部・大学院

健康メディカル学部

作業療法学科

作業療法学科
作業療法学科

豊富な大学内外の実習を通じて実践能力を磨き
都市型地域で医療から生活支援まで幅広く活躍できる人材を養成

確かな実践能力を養う、3つの学び

学生主体の小グループで取り組む 「問題発見・解決型学習」を重視

医療従事者として、信頼される品格あるマナーを身につけるとともに、学生は個別・グループごとに様々な課題に挑戦。問題解決能力やプレゼンテーション能力を養います。

1年次から4年次までレベルに応じた臨地・臨床実習を実施

臨地・臨床実習を重視しています。各年次で大学での学びと相互に関連する多様な作業療法対象者に関わる現場を経験し、重層的思考力と実践能力を高めます。

国家資格合格に向けた充実したカリキュラム

専門科目、基礎医学、臨床医学など幅広い学びを修得するカリキュラムが整っています。整形外科学は、出題問題の予想的中率も高く学生からの信頼も厚い内容です。

取得可能資格

  • 作業療法士国家試験受験資格

目指せる資格

  • 福祉住環境コーディネーター など

想定される進路

  • 総合・一般・大学・労災などの各病院、精神科病院
  • リハビリテーションセンターなどの医療機関
  • 肢体不自由児施設
  • 介護老人保健施設
  • 福祉センター・特別養護老人ホームなどの保健福祉施設
  • 大学院進学 など

卒業生の就職先・進路

健康メディカル学部の就職実績の詳細はこちら

業種別

 

在学生の声

<small>4年</small> 阿部 三奈<small>さん</small>
4年 阿部 三奈さん 静岡県・加藤学園高等学校出身

スポーツ経験と学びを活かし子どもたちをサポートしたい

両親の職場が病院で、私自身もスポーツをやっていたことから、リハビリテーション科や作業療法士に興味を持ち、本学科を志望しました。患者さんの状況を評価する評価学という科目を学び、実習先などで活かせた際に成長を感じました。今は発達障害の子どもの疾患や特徴を学んでいます。将来は、その学びを活かし子どもたちをサポートしていきたいです。
※2020年度取材

4年間の学びの流れ

1年次

教養と人の理解を深める
幅広い教養を学び、専門基礎科目で人の理解を深めます。また、基礎作業療法学や地域リハビリテーション学実習、学外実習を通じ、早くから専門分野の学びへの動機づけを行います。

【学外実習】
臨床実習Ⅰ(見学実習)[2日間×2施設(福祉施設、病院他)]
[4日間×2領域(身体障害/精神障害/発達障害他)]

2年次

専門分野の基礎を固める
臨床医学系の専門基礎科目で土台を築きながら、身体障害、精神障害、老年期障害など対象領域の作業療法について学びます。

【学外実習】
臨床実習Ⅱ(評価実習)[3週間×身体障害領域]

3年次

多様な社会での対応力を養う
医療から地域生活支援に必要となる多様な作業療法の実践手段を学びます。また、小グループで取り組む問題発見・解決型学習を行い、プレゼンテーション能力を養います。

【学外実習】
臨床実習Ⅲ(地域実践実習)[1週間(訪問・通所リハビリテーション)]

4年次

国家資格取得に向け取り組む
総合的な臨床実習で作業療法の基本的技術・態度及び臨床思考を修得します。卒業研究や国家試験の準備、就職活動にも取り組みます。

【学外実習】
臨床実習Ⅳ・Ⅴ(総合実習)[9週間×2領域(身体・精神・老年期・発達他)]

ピックアップ授業

地域作業療法学実習

地域における作業療法士の業務、役割、今後の課題をグループワーク、調査、施設見学、外部講師による特別講義などを通して学びます。2019年度は豊島区内を中心とする8か所の施設見学で得られた情報をグループごとにまとめ、発表会での討論を通じ、地域に貢献できる作業療法に関する理解を深めました。

高次脳機能障害作業療法治療学実習

評価体験、施設見学、事例検討を通して、高次脳機能障害を持った方の評価から支援についての理解を深めます。写真にあるような見慣れない道具を使用する評価も多くありますが、グループで内容をまとめ、正確に評価をできるようにします。施設見学では在宅生活や就労のための支援方法についても理解を深めます。