作業療法学科
Faculty

学部・大学院

健康メディカル学部

作業療法学科

作業療法学科
作業療法学科

豊富な演習・実習を通じて実践能力を磨き地域で活躍できる人材を養成

学内の講義や演習、実習にとどまらず、学外での臨地・臨床実習を通して、多様化する対象者の作業ニーズに応え地域で活躍できる作業療法士の養成を目指しています。

作業療法学科の強み

国家資格合格に向けた、充実したカリキュラム

作業療法士の国家資格取得に向けて、専門科目・基礎医学・臨床医学など幅広い学びを修得するためのカリキュラムが用意されています。国家試験合格にむけて重要になる整形外科学は、出題問題の予想的中率も高く学生からの信頼も厚い授業です。

1年次から少人数制クラス
担任制による指導を徹底

医療従事者として、患者さん・障がいのある方々から信頼される品格あるマナーを身に付けることを重視しています。

学生主体の小グループで取り組む
「問題発見・解決型学修」を重視

学生は、個別・グループごとに様々な課題に挑戦。問題解決能力やプレゼンテーション能力を養います。

1年次から4年次まで
レベルに応じた臨地・臨床実習を実施

臨地・臨床実習を重視しています。各年次で多くの対象者に関わる現場を経験し、レベルに応じた到達目標を決めて挑戦します。

取得可能資格

  • 作業療法士国家試験受験資格

目指せる資格

  • 福祉住環境コーディネーター など

想定される進路

  • 総合・一般・大学・労災などの各病院、精神科病院
  • リハビリテーションセンターなどの医療機関
  • 肢体不自由児施設

卒業生の就職先・進路

健康メディカル学部の就職実績の詳細はこちら

業種別

 

在学生の声

<small>2年</small> 髙野 瑞菜<small>さん</small>
2年 髙野 瑞菜さん 茨城県・常総学院高等学校出身

障がいを持つ人たちの幸せをサポートしたい

高校2年生の時に体験した病院でのボランティアがきっかけで、作業療法士に興味を持ちました。フレッシュセミナーでは、実習に行く際に困らないようにお礼状やメール作成の仕方など社会人マナーを学ぶことができました。私には「作業療法士の国家試験合格」という明確な目標があるので、今後も積極的に知識と経験を積んでいきたいです。
​​​​​​​※2019年度取材

4年間の学びの流れ

1年次

専門分野に向け教養を学ぶ
基礎的科目で幅広い教養を身に付けます。また、基礎作業療法学や実習を通し、早くから専門分野への動機づけを行います。

【学外実習】
臨床実習Ⅰ(見学実習)[ 3日間×2領域(身体障害/精神障害/発達障害ほか)]

2年次

専門分野の基礎を固める
基礎・臨床医学系の専門基礎科目で土台を築きながら、身体障害・精神障害等対象領域の作業療法について学びます。

【学外実習】
臨床実習Ⅱ(評価実習)[ 2週間×2領域(身体障害/精神障害)]

3年次 社会での対応力を養う
後期には専門的課題に小グループで取り組む問題発見・解決型学修を行い、プレゼンテーション能力を養います。
4年次

実習から社会に備える
総合的な臨地・臨床実習で作業療法の基礎的な技術や態度を修得します。卒業研究や、国家試験の準備、就職活動にも取り組みます。

【学外実習】
総合臨床実習[8週間×2領域(身体・精神・老年期障害/地域ほか)]

ピックアップ授業

生活援助機器学演習

根本 悟子 教授(作業療法学科長)

本演習では、IT支援機器、福祉車両及び車いすや自助具などの福祉用具の、個々の特性、必要な心身機能、可能となる作業を、グループワークを通じ分析します。作業療法士に必要な福祉用具の適切な選定と適合ができる能力を修得します。

作業療法治療学実習(発達障害)

八重樫 貴之 助教

本演習では、実際に発達領域の作業療法場面で用いられる玩具や遊具での遊びを体験します。脳性麻痺や自閉スペクトラム症の子ども達が遊びを通じてどのように育っていくか、グループで検討し発表します。