言語聴覚学科
Faculty

学部・大学院

健康メディカル学部

言語聴覚学科

言語聴覚学科
言語聴覚学科

コミュニケーション能力の改善を支援する
専門家を養成

目指せる職業の仕事紹介

紹介動画

確かな実践能力を養う3つの学び

少人数担任制による
きめ細かな個別指導

1・2年次では、社会人・医療従事者として必要な基本的態度やマナーの修得、ボランティア体験、日本語力の向上に力を入れています。

基礎から段階的に
学べるカリキュラム

医学系、心理系、音声・言語系、福祉・リハビリテーション系の基礎科目をもとに、言語聴覚の専門科目を学んでいきます。

段階に応じた医療施設など
での施設見学や臨床実習

小児から高齢者まで幅広く対応できる知識と技術の学びを、授業で積み重ね、医療施設などでの臨床実習に臨みます。

※2022年5月時点男女比

2 8

男2:女8

取得可能資格

  • 言語聴覚士国家試験受験資格

想定される進路

  • 病院(リハビリテーション科、耳鼻咽喉科、小児科、形成外科、口腔外科など)
  • 障害福祉センター
  • 児童発達支援センター・事業所
  • 老人保健施設
  • 通級指導教室・特別支援学校
  • 大学院進学 など

卒業生の就職先・進路

健康メディカル学部の就職実績の詳細はこちら

業種別

 

在学生の声

<small>4年</small> 村井 美友<small>さん</small>
4年 村井 美友さん 千葉県・県立船橋啓明高等学校出身

コミュニケーションで心を支える言語聴覚士へ

高校生の頃から、病気の子どもたちの力になれる医療関係の仕事に就きたいと考えていました。数ある医療職の中で、私が選んだのは小さな子どもから高齢者まで、幅広い世代を支援する言語聴覚士。実習の中で患者さんの評価・訓練を経験し、言語聴覚士の役割とやりがいを強く実感しました。今後は、外部の実習に出て経験を重ね、患者さんやご家族から信頼される言語聴覚士になりたいです。
※2022年度取材

帝京平成大学を知ろう! ~言語聴覚学科~

4年間の学びの流れ

1年次 基礎科目を理解する
基礎医学、音声医学、聴覚医学、言語医学などコミュニケーション活動を理解する基礎科目を中心に学びます。
2年次

専門を学び、現場を体験
専門科目を本格的に学び始めます。また、施設見学を行い言語聴覚士の現場での仕事を理解します。

【学外実習】 施設見学[1日]

3年次

実習で実践能力を養う
専門科目について、より実践的な知識・技術を身につけます。後期の講義修了後、医療施設での基礎実習を行い実践能力を養います。

【学外実習】 見学実習[1日]/臨床実習Ⅰ[4週間]

4年次

国家資格取得に向け取り組む
医療施設での総合実習とともに、言語聴覚士国家試験に向けた学修の総仕上げを行います。

【学外実習】 臨床実習Ⅱ[8週間]

ピックアップ授業

言語聴覚障害臨床演習

言語聴覚障害の各領域における臨床の流れを理解することを目指します。授業では、ロールプレイを通し、 患児さんや患者さんとのコミュニケーションを含め、面接方法や、検査、訓練に必要なスキルを修得することを目標とします。

発声発語障害演習Ⅰ

小児の構音障害に関する医療面接や検査の目的を正しく理解し、実施方法や検査結果の分析、治療計画の立案の仕方について、演習を通して身につけることを目指します。少人数グループでのロールプレイを多く取り入れた、実践的な科目です。

帝京平成大学 学部案内

 

学部・学科・コースの概要や大学案内はデジタルパンフレットでも閲覧可能です。

発行物 一覧