言語聴覚学科
Faculty

学部・大学院

健康メディカル学部

言語聴覚学科

言語聴覚学科
言語聴覚学科

コミュニケーション能力の改善を支援する
専門家を養成

目指せる職業の仕事紹介

紹介動画

確かな実践能力を養う、3つの学び

少人数担任制による きめ細かな個別指導

1・2年次では、社会人・医療従事者として必要な基本的態度やマナーの修得、ボランティア体験、日本語力の向上に力を入れています。

基礎から段階的に学べるカリキュラム

医学系、心理系、音声・言語系、福祉・リハビリテーション系の基礎科目をもとに、言語聴覚の専門科目を学んでいきます。

段階に応じた医療施設などでの
施設見学や臨床実習

小児から高齢者まで幅広く対応できる知識と技術の学びを、授業で積み重ね、医療施設などでの臨床実習に臨みます。

※2020年5月時点男女比

2 8

男2:女8

取得可能資格

  • 言語聴覚士国家試験受験資格

想定される進路

  • 病院(リハビリテーション科、耳鼻咽喉科、小児科、形成外科、口腔外科など)
  • 障害福祉センター
  • 児童発達支援センター・事業所
  • 老人保健施設
  • 通級指導教室・特別支援学校
  • 大学院進学 など

卒業生の就職先・進路

健康メディカル学部の就職実績の詳細はこちら

業種別

 

在学生の声

<small>4年</small> 菊田 翔輝<small>さん</small>
4年 菊田 翔輝さん 栃木県・県立益子芳星高等学校出身

経験豊富な先生の指導のもとで楽しみを支える言語聴覚士へ

私が言語聴覚士の存在を知ったのは、摂食嚥下障害になった曽祖母の治療を通してです。その頃から「リハビリ」に関心はありましたが、本学のオープンキャンパスに参加したことで、曽祖母のように食べることに困っている人の「楽しみ」を守りたいという気持ちが芽生えました。本学には経験豊富な先生も多く、実際のリハビリ現場や実例に基づいた指導を受けられるので、本当に勉強になります。将来は、先生方のように知識と経験を兼ね備えた言語聴覚士として活躍したいです。
※2021年度取材

帝京平成大学を知ろう! ~言語聴覚学科~

4年間の学びの流れ

1年次 基礎科目を理解する
基礎医学、音声医学、聴覚医学、言語医学などコミュニケーション活動を理解する基礎科目を中心に学びます。
2年次

専門を学び、現場を体験
専門科目を本格的に学びはじめます。また、施設見学を行い言語聴覚士の現場での仕事を理解します。

【学外実習】 施設見学[1日]

3年次

実習で実践能力を養う
専門科目について、より実践的な知識・技術を身につけます。後期の講義修了後、医療施設での基礎実習を行い実践能力を養います。

【学外実習】 見学実習[1日]/臨床実習Ⅰ[4週間]

4年次

国家資格取得に向け取り組む
医療施設での総合実習とともに、言語聴覚士国家試験に向けた学修の総仕上げを行います。

【学外実習】 臨床実習Ⅱ[8週間]

ピックアップ授業

言語医学

コミュニケーションに関わる脳領域とその障害について、わかりやすく解説します。重要な脳部位や障害の種類になじみを持ち、2年次以降の授業内容を理解しやすくすることがねらいです。脳部位や障害の名前を言えるようになることが目標です。

失語症・高次脳機能障害演習

失語症・高次脳機能障害の検査の実施方法や結果のまとめ方、考え方について、演習を通して身につけることを目指します。授業は少人数のグループに分かれ、それまでの講義で学んだ内容を復習しながら進んでいきます。ロールプレイを多く取り入れた、実践的な科目です。