看護学科
Faculty

学部・大学院

ヒューマンケア学部

看護学科

看護学科
看護学科

プロフェッショナルとしての高い能力と資質を身に付け、人々から信頼される看護系人材を養成

すべての人々の健康で幸福な生活の実現に貢献することを使命とし、尊厳を擁護する看護を実践し、その基盤となる看護学の発展ならびに必要な役割の創造に寄与できる看護師・保健師・助産師を養成します。

看護学科の強み

薬学部との合同授業で、チーム医療の理解を深める

最新の施設・設備が整った中野キャンパスで、科学的思考力と高いコミュニケーション能力を磨くカリキュラムを用意。薬学部薬学科とヒューマンケア学部看護学科では、チーム医療を想定した合同講義を行っています。また、帝京大学グループ3病院と連携した独自の奨学金制度もあり、看護師を目指す学生を支援します。

ヒューマンケアの基本に即した
体系的な専門職教育

看護を実践するために必要な知識や技術を身に付け、良質で安全なケアを体得するとともに、人々の生活や文化を尊重し、共感できるコミュニケーション能力を育てます。

根拠に基づいた課題対応能力と
科学的探究を重視

未知の課題に対して、自ら幅広く情報収集をして倫理的・道徳的判断の下に科学的根拠を選択できる力を身に付け、看護学研究の必要性と活用の意義を理解することを目指します。

社会から求められる看護職の役割と
生涯にわたって研鑽し続ける姿勢を修得

急速に変化しつつある社会状況を認識し、看護職の役割の変化や拡大に責任を果たすことを理解し、専門職として生涯にわたり自己研鑽に励む態度を養います。

取得可能資格

  • 看護師国家試験受験資格
  • 保健師国家試験受験資格
  • 助産師国家試験受験資格
  • 養護教諭二種免許状(保健師資格必須)
  • 受胎調節実地指導員資格(助産師資格必須)

*保健師と助産師の国家試験受験資格取得希望者は、いずれかひとつを学内選考の上取得可能。

想定される進路

就職

  • 病院
  • 診療所
  • 保健所
  • 区市町村の保健センター
  • 介護保健施設
  • 社会福祉施設
  • 訪問看護ステーション など

卒業生の就職先・進路

ヒューマンケア学部の就職実績の詳細はこちら

業種別

 

在学生の声

<small>3年</small> 相田 優希乃<small>さん</small>
3年 相田 優希乃さん 新潟県・県立新発田高等学校出身

地域の方々の健康を守れる、保健師になりたい

看護師をしていた母の影響もあり、看護師・保健師の両方の資格が目指せる本学科を志望。専門職としてのコミュニケーション技法を学び、臨んだ実習。患者さんとの会話に苦戦することもありましたが、どうするかを自ら考えることができるようになりました。今は地域の方たちに健康になってほしいという思いから、保健師の勉強にも力を入れています。
​​​​​​​※2019年度取材

4年間の学びの流れ

1年次

【看護師課程】看護の対象を学ぶ
看護の対象を理解するために、人間の生活者としての側面や生物学的に共通する基本的知識を包括的に学びます。
後期には、病院での基礎看護学実習Ⅰを体験します。

【学外実習】 基礎看護学実習Ⅰ[1週間]

【保健師・助産師課程の流れ】
後期
3月 選抜試験実施
保健師・助産師課程へのエントリー
2年次

専門知識を身に付ける
疾病の成り立ちと回復を促す根拠となる知識を学び、多様な場における看護実践を行うために必要な専門的知識を身に付けます。後期からは病院での基礎看護学実習Ⅱを体験します。

【学外実習】 基礎看護学実習Ⅱ[2週間]

前期
保健師課程:20名
助産師課程:10名

後期
各課程の授業開始
3年次

臨地実習の開始
問題解決技法を用いて対象者のニーズに合わせた看護を実践できる力を養成し、後期からは各看護学の臨地実習が開始となります。

【学外実習】 各領域別実習Ⅰ[3ヵ月間]

前期・後期
保健師課程の授業
助産師課程の授業
4年次

資格取得の学修を深める
前期は主に臨地・統合実習があります。後期からは他学部との連携教育や看護学研究の発表会に臨み、資格取得に向けた学修を深めます。

【学外実習】  各領域別実習[3ヵ月間]/統合実習[2週間]

看護師課程の実習修了後、各課程の実習スタート
保健師:5週間 ・ 助産師:11週間

ピックアップ授業

看護学概論

中山 富子 教授(看護学科長)

入学直後に開講する看護学の入門に当たる授業です。看護とは何か、歴史、看護の対象、健康、看護の役割や機能、これからの看護など看護学の概要を学びます。授業は具体例を入れて説明したり、仲間とのディスカッションを取り入れたりしながら楽しく学びます。

精神看護学概論

北川 明 教授

精神看護学概論では、精神障害者への看護の基礎となる、こころの機能や仕組み、こころの発達の過程を学ぶとともに、現代社会におけるこころの問題、精神医療の歴史、精神障害者を取り巻く環境や法律などについて学んでいきます。