福祉コース
Faculty

学部・大学院

現代ライフ学部 人間文化学科

福祉コース

福祉コース
福祉コース

これからの時代に必要とされる
幅広い福祉の知識を備えた人材を養成

福祉の専門分野における専門知識と相談援助の技術を中心に、「人を支えること、人に支えられること」について、様々な観点から学びます。

人間文化学科 福祉コースの強み

ボランティア活動を通し社会貢献活動を学ぶ! !

ボランティア活動に参加している学生が多く、地域の福祉施設の納涼祭などや、“子ども虐待防止オレンジリボン運動”などに参加。活動を通し社会貢献活動の意義について実践的に学んでいます。

福祉を「講義」「演習」「実習」の
体系的カリキュラムで学ぶ

児童や高齢者・障がい者・傷病者などを取り巻く現代の福祉について、講義から学ぶだけでなく演習や実習を行うことで実践能力を養います。

福祉に関する多彩な
知識・技術を深く広く学ぶ

福祉における相談援助職のほか、初級障がい者スポーツ指導員など、自分の進路に合わせた学びを深め、ボランティア活動にも取り組みます。

福祉の専門知識について
演習・実習などを通して学ぶ

「社会福祉士」「精神保健福祉士」など相談援助の専門職として必要な知識や技術を、少人数での演習・実習指導などを通して身に付けます。

取得可能資格

  • 社会福祉士国家試験受験資格
  • 精神保健福祉士国家試験受験資格
  • 社会福祉主事任用資格
  • レクリエーション・インストラクター
  • キャンプインストラクター
  • 学芸員
  • 図書館司書

目指せる資格

  • スクールソーシャルワーカー(社会福祉士または精神保健福祉士取得後申請により取得可能)
  • 児童指導員
  • 児童厚生員
  • 初級障がい者スポーツ指導員 など

想定される進路

  • 児童相談所・福祉事務所など行政の福祉部門
  • 社会福祉協議会
  • 児童・高齢者・障がい者などの福祉施設
  • 地域包括支援センター

卒業生の就職先・進路

現代ライフ学部の就職実績の詳細はこちら

業種別

 

在学生の声

<small>4年</small> 松本 和也<small>さん</small>
4年 松本 和也さん 東京都・暁星高等学校出身

多岐に活躍するために社会福祉士の資格を目指す

祖父が7人兄弟で、高齢者と接する機会が多く福祉に興味を抱きました。特別養護老人ホームでの実習では、相談員の方に付いてリアルな現場を体験した後、学内で実際の症例を挙げてグループワークなどを行いました。実習を通して将来の選択肢が広がったので、目標が決まった時に困らないよう、社会福祉士の資格取得に向けて勉学に励んでいます。
※2019年度取材

4年間の学びの流れ

1年次 教養を学び視野を広げる
英語・社会学・法学・心理学など幅広い教養と福祉の基礎となる科目を学びます。社会福祉演習で福祉のイメージを確かなものにします。
2年次 実習を通して現場を知る

福祉専門科目に取り組みます。社会福祉演習と福祉や保健医療の施設実習を通して、現場の実践について学び、自分自身の進路を考えます。

[学外実習]
福祉施設実習【約7日間】

3年次 専門分野の知識を深める

演習や実習を通して、福祉専門職に必要な知識・技術を学びます。また、福祉・保健医療・介護の分野や企業でも活躍できる幅広い知識を学びます。

[学外実習]
社会福祉実習【180時間以上】
精神保健福祉援助実習【210時間以上】

4年次 福祉の資格取得に挑む

社会福祉士、精神保健福祉士、スクールソーシャルワーカー、福祉関連職種の資格などを目指す学修や、卒業研究などを通して4年間の総仕上げをします。

[学外実習]
スクールソーシャルワーク実習

ピックアップ授業

保健医療サービス

平岡 久仁子 教授(人間文化学科長)

少子高齢化の進展、医療の高度化など、医療と福祉を取り巻く環境は大きく変化しています。誰もが自らの意思決定のもとに、安心して医療を受けることができるように、相談援助において必要となる医療保険制度やチーム医療の実践について学びます。

精神保健福祉援助演習(専門)

大塚 淳子 教授

精神保健福祉の現場実習の前段階として、支援対象者の状況や多職種チーム、コミュニティワークを想定した事例を活用し必要な知識や技術について学びます。グループ討論の機会が多く、人間理解や自己理解の深化につながります。