• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

薬学部薬学科
中野キャンパス

「くすり」に関する知識はもとより
患者さんに寄り添った医療を
提供できる人材を養成

地域の保健・医療の担い手として、また、チーム医療の一員として、薬の知識・技能を修得し実践能力を備えた、優れた「薬」の専門家を養成します。

TOPICS
学生1人ひとりを徹底してサポート!!

担任制を敷いており、学生1人ひとりの学習状況を把握できる体制があります。出席や成績を個人ごとにまとめ、データを活用した学生指導を行っています。

POINT1 生物や化学を丁寧に復習し
薬剤師として必要な
基礎知識を修得
高校理科の復習を含め、身体の仕組みや組織、細胞にある遺伝子や酵素の働き、有機化学反応などを学び、薬学へスムーズに導きます。
POINT2 薬の作用の仕組みや
科学的な考え方など
薬剤師に必要な素養を養う
専門知識を体系的に修得することで薬について理解を深め、薬剤師としての知識や技能、医療人としての心構えを身につけます。
POINT3 病院や薬局で
医療の現場を体験し
実践能力を修得
実務実習では、コミュニケーション能力やチーム医療の重要性を学ぶことができます。また、卒業研究では問題解決能力を育みます。
取得可能資格
薬剤師国家試験受験資格
目標資格
麻薬取締官・麻薬取締員/食品衛生監視員・食品衛生管理者任用資格 など
想定される進路
病院/調剤薬局/MR(医薬情報担当者)/製薬会社/ドラッグストア/化学・食品工業系企業/化粧品会社/保健所/行政/大学/研究施設/医療情報産業/麻薬取締官・麻薬取締員 など

ページの先頭へ

6年間の学びの流れ

中野

生物や化学などの基礎科目を着実に修得するとともに、薬や薬剤師の社会における使命を学びます。

[学外実習]
  • 早期体験学習(製薬企業/研究所の見学実習/病院・薬局の見学実習)
    ※1年次~2年次にかけて早期体験学習が行われます。
中野

薬学の専門科目となる「生体の機能調節」「有機化学」「薬理学」を学び、薬の構造や作用について理解を深めます。

中野

病態生理学、薬物治療学、薬剤学などの多くの専門科目を学び、疾病の原因や薬の効果について具体的に理解します。

中野

薬剤師の仕事に直結する、薬の用量や使用法、薬剤師の行動規範などを学ぶとともに、5年次の実務実習の準備を行います。

薬学共用試験 【薬学共用試験とは?】4年次の終わりに全国の6年制薬科大学の学生が全員受験。薬学科目の基本的な試験と薬剤師実務に関する臨床能力試験の2つが行われます。

中野

病院と薬局で実習を行い、医療現場での薬剤師の役割と責任を学びます。医師や看護師との連携についても学びます。

[学外実習]
  • 病院実習【11 週間】
  • 調剤薬局実習【11週間】

中野

5年次の実習をもとに薬剤師のプロフェッショナリズムを学ぶとともに、卒業研究を進めます。国家試験対策も行います。

薬剤師国家試験 【国家試験対策】薬剤師国家試験は6年次の2月に行われます。全員が合格できるよう、5年次から6年次にわたって様々な対策が進められます。

ページの先頭へ

ピックアップ授業

代謝とエネルギー産生

安西 偕二郎 教授(薬学科長)

体内では、「代謝反応」によってエネルギーをはじめ、様々な物質が作られますが、この過程に問題があると糖尿病などの生活習慣病につながります。病気の原因や薬の作用に関する基礎分野の理解を深めます。

フレッシュセミナー

井手口 直子 教授

医療従事者としてのプロフェッショナルなコミュニケーション能力を醸成する事を目的とした授業です。患者心理を学び、症例を用いてグループディスカッションや模擬患者とのロールプレイで実践的に問題解決を体験します。

ページの先頭へ

VOICE 在学生の声

兄が薬学部へ入学していて身近な存在であったこと、最寄りに信頼できる薬剤師がいたこともあり本学部を志望しました。授業では臨床はもちろん、化学の基本的なことからしっかりと学んでいます。「薬学研究部」というサークルに所属しており、薬物乱用防止キャンペーンの手伝いや、オレンジバルーンフェスタなどの活動も経験。将来は、教育関係に携わり、学んだ薬学の知識を一般の人に広める活動をしたいと思っています。

原田 美那 3年 埼玉県・川越女子高等学校出身
※平成29年度取材

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る