トレーナー・スポーツコース
Faculty

学部・大学院

健康医療スポーツ学部 医療スポーツ学科

トレーナー・スポーツコース

トレーナー・スポーツコース
トレーナー・スポーツコース

体育・スポーツ現場で活躍する
知識と実践能力を兼ね備えた人材の養成

確かな実践能力を養う、3つの学び

実習を通してアスレティック
トレーナーの使命を修得

アスレティックトレーナーに求められる倫理についての学修や、様々な現場での実習を体験するなかで、アスレティックトレーナーへの使命を理解します。

所定の単位を修得することで中学校・高等学校教諭一種免許状(保健体育)を取得可能

所定の単位を修得することで、健康運動実践指導者やトレーニング指導者、初級障がい者スポーツ指導員などの資格や受験資格が得られます。

幅広い科目を履修し
高度で実践的な能力を修得

国際コミュニケーション、情報科学、教育、心理、健康、医療など幅広く学ぶことで必要な知識や技術を総合的・多角的に理解します。

取得可能資格

  • 中学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 高等学校教諭一種免許状(保健体育)
  • アスレティックトレーナー受験資格
  • 健康運動実践指導者受験資格
  • 初級障がい者スポーツ指導員
  • レクリエーション・インストラクター
  • トレーニング指導者受験資格
  • ジュニアスポーツ指導員受験資格
  • アシスタントマネジャー受験資格
  • JPSUスポーツトレーナー受験資格
  • 体育施設管理士

*2つ以上(教職を含む)の資格を取得する場合、時間割などの都合で4年以上かかる場合があります。

想定される進路

  • 中学校・高等学校教員(保健体育)
  • プロスポーツチーム・民間スポーツクラブなどのトレーナー
  • 地域スポーツ施設の指導者・マネージャー など

卒業生の就職先・進路

健康医療スポーツ学部の就職実績の詳細はこちら

業種別

 

在学生の声

<small>4年</small> 森 脩貴<small>さん</small>
4年 森 脩貴さん 千葉県・県立柏井高等学校出身

ケガやコンディショニングのスペシャリストになりたい

ケガの多かった学生時代の経験からケガ予防やパフォーマンス向上に関心を持ち、本コースを選びました。競技特性によってどんなケガをしやすいか、どう改善するかを予想する方法を学ぶうち、幅広いスポーツに興味を持つようになりました。将来の目標はケガ予防やパフォーマンス向上の為の資格を取得し、その知識と技術を兼ね備えたアスレティックトレーナーです。
※2020年度取材

4年間の学びの流れ

1年次 指導者の教養を身につける
スポーツ指導者になるために必要な専門科目を基礎から学び、幅広い教養を身につけます。1年次から実習科目も豊富に用意されています。
2年次

学内実習を体験
1年次に築いた基礎能力を土台に、専門教育に取り組みはじめます。学内の充実した設備での実習により理論と実践の両面から学びます。

3年次 スポーツ現場で実践能力を養う
トレーナーの実務内容を理解・実践するためにスポーツ現場などで実習。教育実習に向けた実践的な授業により指導力を身につけます。
4年次 社会に備え、専門を磨く
アスレティックトレーナーや保健体育の教諭免許状などの各種資格取得に向けた学修や、キャリア教育の仕上げを行います。

ピックアップ授業

アスレティックリハビリテーション

アスレティックリハビリテーションとはスポーツ外傷・障害により低下した身体機能を競技復帰に向けて回復させることです。科目では、問題点の評価をもとにそれらを段階的にかつ安全に回復させる様々な方法について実習を中心に学修します。

教育実習

教職課程の重要科目である教育実習の事前・事後指導を行います。事前指導では教育実習の意義や目的、心構えについて学びます。また、学習指導案作成と模擬授業により授業の実践能力を養い、実習に向けて準備を整えていきます。