臨床心理学科
Faculty

学部・大学院

健康メディカル学部

臨床心理学科

臨床心理学科
臨床心理学科

社会に役立つ「心のスペシャリスト」を養成
 

確かな実践能力を養う、3つの学び

企業などの多様な職場に求められる人材の養成

人間関係を構築し発展させる力を身につけると同時に、心の健康を保つ知識や技術、経済活動を含む様々な人間行動に関する心理などを学びます。また、心理学関連の資格(認定心理士・心理学検定)なども取得を目指せます。

充実したキャリア教育

1年次から個々の希望をふまえながら、将来を見据えたキャリアプランを作成していきます。4年間をつうじた少人数制のセミナー教育のもと、一人ひとりに適した進路を目指します。

公認心理師(国家資格)に対応したカリキュラムを開設

公認心理師受験に必要な知識技能を学び、優秀者には本学の専門職大学院進学時に学費減免の特典制度があります。

取得可能資格

  • 公認心理師国家試験受験資格
  • 認定心理士
  • 認定心理士(心理調査)
  • 児童指導員任用資格

*所定の単位を修得し卒業後、大学院において所定の単位を修めるか、実務経験を積むことで取得できる受験資格

想定される進路

  • 大学院進学(臨床心理士資格認定協会が定めた専門職大学院
    を併設しています。)
  • 公務員
  • 福祉関連施設
  • 総合・一般・大学・労災などの病院
  • 金融・保険
  • 情報通信
  • 商社
  • 製造 など

卒業生の就職先・進路

健康メディカル学部の就職実績の詳細はこちら

業界別

 

在学生の声

<small>4年</small> 松丸 七実<small>さん</small>
4年 松丸 七実さん 千葉県・県立市原八幡高等学校出身

勉強面だけでなく心の悩みに寄り添う教育関係職者を目指す

小学校で心理カウンセラーの先生と接した経験から心理学に興味を持ち、公認心理師の受験資格が取れることに魅力を感じ本学へ進学しました。専門分野以外にも教養科目を多くとれるので、対人での職業として幅広い知識も身につけることができています。将来は教育関係職の立場から、勉強面だけではなく児童や学生が抱える心の悩みに寄り添えるようになりたいです。
※2020年度取材

4年間の学びの流れ

1年次 少人数のセミナーで学ぶ
高校からスムーズに大学生活へ移行できるよう少人数制のセミナー(クラス)で学修します。心理学についての基礎的な学修に加え、幅広い教養科目を学びます。
2年次

心の支援・健康を理解する
心理学・臨床心理学の専門科目を本格的に学びます。心理に関する支援や心の健康についての授業や演習・実習が始まります。

3年次

専門知識を深める
それぞれの希望の進路に応じた専門的かつ実践的な学びを一層深めます。将来のキャリアプランを固めていきます。

心理実習[90時間]

4年次 専門性を磨く
各種資格を目指す学修や実習、卒業研究などを通して、それぞれの目標達成に向けて、4年間の総仕上げを行います。

ピックアップ授業

産業・組織心理学

「労働者のストレスチェック制度」で公認心理師(国家資格)が実施者に追加指定されるなど、産業領域の心理支援職への期待が高まっています。この科目では、職場で具体的にどのような臨床心理支援が社員や組織に提供されているかを実践的に学びます。

心理療法

代表的な心理療法のひとつである「認知行動療法」を学びます。事例を通して、心理士が実際に行う認知行動療法の支援について理解するだけでなく、受講生自身が自分の考え方を見直したり、行動をより適切に変えていく取り組みも行っています。受講生同士のグループワークも積極的に取り入れています。