健康栄養学科
Faculty

学部・大学院

健康メディカル学部

健康栄養学科

健康栄養学科
健康栄養学科

知識と技能、豊かな人間性を兼ね備えた
管理栄養士を養成

確かな実践能力を養う、3つの学び

健康栄養学科は国から認可された
「管理栄養士養成施設」

卒業と同時に管理栄養士国家試験受験資格、栄養士資格が得られます。4年次には、国家試験対策の授業も行われ国家試験合格を支援します。

所定の単位を修得することで
フードスペシャリストの受験資格なども取得可能

所定の単位を修得することでフードスペシャリスト受験資格、栄養教諭一種免許状、食品衛生管理者・食品衛生監視員任用資格も取得できます。

病院や介護施設、保健所、保育所など
臨地実習により実践的な能力を修得

授業に加えて、学内での実習や学外施設での実践的な実習を実施。現場での実習を体験することにより、専門知識を一層深めます。

取得可能資格

  • 管理栄養士国家試験受験資格
  • 栄養士
  • フードスペシャリスト受験資格
  • 栄養教諭一種免許状
  • 食品衛生管理者・食品衛生監視員任用資格

想定される進路

  • 病院
  • 学校
  • 福祉施設
  • 保健所
  • 保育所
  • 給食センター
  • 食品関連メーカー
  • 食品研究所
  • ドラックストア
  • 大学院進学 など

卒業生の就職先・進路

健康メディカル学部の就職実績の詳細はこちら

業界別

 

在学生の声

<small>3年</small> 吉川 凜<small>さん</small>
3年 吉川 凜さん 埼玉県・県立所沢西高等学校出身

疾病の成り立ちなど幅広い分野に関心が広がった

生きる上では大切な栄養について専門的に学ぶことは、仕事だけでなく人生にも役立つと思い、本学科を選びました。管理栄養士になるための科目の勉強を続けているうちに、疾病の成り立ちや、公衆衛生にも関心が向くようになりました。幅広く学ぶなかで病院、学校給食、企業の社員食堂など多岐にわたる将来の進路から自分の方向性を絞っていこうと考えています。
※2020年度取材

4年間の学びの流れ

1年次 実習・座学から基礎を学ぶ
教養を深める科目のほか、生物や化学、食品学など栄養に関する専門基礎科目や、それに伴う実習を履修します。
2年次

専門分野の知識を広げる
1年次に引き続き専門基礎科目を履修するとともに、「基礎栄養学実習」「栄養教育論」「給食経営管理論」など専門科目の履修も始まります。

3年次

現場実習で知識を深める
「臨床栄養学」など専門科目を集中的に学修するとともに、学外での現場実習を体験することで専門知識を一層深めます。

【学外実習】
臨地実習[4週間]

4年次

管理栄養士取得に向け取り組む
テーマを持ち卒業研究を行いながら、管理栄養士国家試験合格への勉強に取り組み、4年間の総仕上げをします。

【学外実習】
臨地実習[4週間]
教育実習(選択者)[1週間]

ピックアップ授業

基礎栄養学実習

実験の基本操作などを修得し、栄養素に関する基礎的な定性実験や定量実験を行います。また、消化酵素の特性実験や血糖値測定なども行い栄養素などの生体内の代謝・動態も学び、実験をとおして栄養に関する基礎知識を科学的側面から理解し修得します。

給食経営管理実習

特定集団を対象とした栄養管理を適切に実施するために、対象者に提供する食事を計画・実施・評価する授業です。実際の現場を想定した厨房で実践的な給食運営の授業を展開しています。