• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

キャンパスライフ

ダラム短期留学

英国屈指の名門大学、国立ダラム大学内にある帝京大学グループダラム分校において、休学することなく英語、外国文化、ライフデザインなどを学ぶことができます。帝京大学・帝京平成大学学生向けのカリキュラム、宿舎、日本人スタッフによる受け入れ態勢が整えられた環境で勉強できます。語学学校や一般家庭でのホームステイやスペイン、イタリアなどへの研修旅行等により、その国の人たちとの親密な交流があります。さまざまなプログラムを体験することで、国際感覚を豊かなものにしていきます。

平成29年度概要

実施期間 留学期間 募集人数 最大取得単位数
春期コース 4月上旬~ 約6ヶ月 10名程度 22単位
秋期コース 9月上旬~ 約6ヶ月 10名程度 22単位

費用

授業料 本学に納める学生納付金で充当
その他主な経費 日本イギリス間往復国際航空運賃・イギリス国内移動費等
学生寮費・食費
ホームステイ・語学学校費
海外旅行傷害保険費用・教材費等

以上が主な学生負担で学納金以外に約180万円となります。(参加プログラムや為替レートにより変動します)
学内選考の結果により大学から30万円の奨学金が貸与される場合があります。
イギリス国内・スペイン・イタリアなどへの研修旅行は別途費用が掛かります。

応募資格

平成29年4月現在、下記の学科・コースを対象としています。

  • 現代ライフ学部 人間文化学科 福祉コース
  • 現代ライフ学部 人間文化学科 メディア文化コース
  • 現代ライフ学部 人間文化学科 グローバルコミュニケーションコース
  • 現代ライフ学部 経営マネージメント学科 トレーナー・スポーツ経営コース
  • 現代ライフ学部 経営マネージメント学科 経営マネージメントコース
  • 現代ライフ学部 経営マネージメント学科 情報システムコース
  • 現代ライフ学部 児童学科 小学校・特別支援コース
  • 現代ライフ学部 観光経営学科

※資格取得についてや学年によっては所属学科・コースの教員と相談いただく場合があります。

応募方法・選考について

募集説明会で配布する応募用紙に必要事項を記入して、教務チームに提出してください。
応募された留学希望者に、面接と語学試験を実施します。試験結果により合格者を発表します。募集説明会などのスケジュールは中野キャンパス掲示板にて随時お知らせいたします。

帝京大学グループダラム分校とは

帝京大学グループダラム分校(現地登録名:Teikyo University of Japan in Durham)は、帝京大学の教育指針である「実学」「国際性」「開放性」をイギリスで実践する学び舎として、名門ダラム大学との提携のもと、1990年に開校しました。校舎と二つの学生寮は、ダラム大学所有の広大な敷地内に他カレッジと隣接しております。生活の拠点である学生寮にはダラム大学生の入寮も認めております。また、分校生の一部はダラム大学のカレッジに入寮するなど部屋の交換が実施されています。ダラム大学でのカレッジとは大学を構成する学寮です。提携により、分校生はダラム大学の4カレッジのいずれかに所属し、カレッジメンバー(Fulltime Occasional Membership)になります。カレッジメンバーになることで、ダラム大学のカレッジ生と共に食事を取るほか、各カレッジが主催するスポーツ・文化活動に自由に参加できるなど、カレッジを通じてダラム大生との交流の場を持つことができるのが特徴です。

  • ダラム分校
  • ダラム分校
  • ダラム分校
  • ダラム分校

主な出来事※一例であり、現地の諸事情等により変更する場合があります。

Pickup

現地の学生との交流
放課後や休日は、現地の学生と一緒に出かけました。
日本の文化を学ぶ学生とは共通の話題も多く盛り上がります。

Pickup

イギリス料理といえば
フィッシュ&チップス。やはり本場の味はちがうと感じました。
今もたまに食べたくなります!

Pickup

研修旅行
イタリアのフローレンスに滞在。初めて見たピサの斜塔は圧巻でした。
スペインのバルセロナにも行き、同じヨーロッパでも国により違うことを肌で感じました。

Pickup

ロンドン観光
滞在していたダラムからロンドンまでは電車で3時間ほど。
先生引率の下、大聖堂や美術館などを見学しました。

Pickup

ホームステイ
フランス、スペイン、中国からの留学生と一緒に暮らしました。
大晦日はロンドンでニューイヤー花火を見たことが印象的でした。

「英語が好き」その気持ちだけで挑戦できるから、
大学時代にぜひ世界への一歩を踏み出して欲しいです。

高校の修学旅行先のハワイで、初めて現地の人とコミュニケーションしたことがとても楽しく、留学を希望。学内で選考はありますが、本学は、英語の成績よりも「なぜ留学をしたいか」という気持ちを大切にします。約5ヶ月間の寮生活では、自分から現地の学生に積極的に話しかけ、互いの文化を交換するような気持ちでコミュニケーションをしていました。心がけていたのは「共通項を探す」ということ。おかげで多くの学生と交流を深めることができ、留学後も連絡を取り合う大切な仲間となっています。

荒尾 樹
現代ライフ学部 観光経営学科 4年
東京都・日出高等学校出身
※平成29年度取材

お問い合わせ先
  • 中野キャンパス 教務チーム
  • TEL:03-5860-4716
  • ※応募手続き等。

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 学部情報を見る 進路・就職について知る 入試について知る