• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

健康メディカル学部作業療法学科
池袋キャンパス

豊富な演習・実習を通じて
実践能力を磨き
地域で活躍できる人材を養成

学内の講義や演習、実習にとどまらず、学外での臨地・臨床実習を通して、多様化する対象者の作業ニーズに応え地域で活躍できる作業療法士の養成を目指しています。

TOPICS
障がい予防を視野に入れた本学独自の授業を開講!!

障がい予防とリハビリテーションの視点から本学独自の授業を開講。「笑いとセラピー」では、笑いの心理的効果と作業療法への応用について、「動物とセラピー」ではペットと人をめぐる社会的関係の構築、また「ビューティ・リハビリテーション」では高齢者や、障がいがあっても装うことの意味などついて体験を通して学びます。

POINT1 1年次から少人数制クラス
担任制による指導を徹底
医療従事者として、患者さん・障がいのある方々から信頼される品格あるマナーを身につけることを重視しています。
POINT2 学生主体の小グループで取り組む
「問題発見・解決型学習」を重視
学生は、個別・グループごとに様々な課題に挑戦。問題解決能力やプレゼンテーション能力を養います。
POINT3 1年次から4年次までレベルに
応じた臨地・臨床実習を実施
臨地・臨床実習を重視しています。各年次で多くの対象者に関わる現場を経験し、レベルに応じた到達目標を決めて挑戦します。
取得可能資格
作業療法士国家試験受験資格
目標資格
福祉住環境コーディネーター など
想定される進路
総合・一般・大学・労災などの各病院、精神科病院/リハビリテーションセンターなどの医療機関/肢体不自由児施設/
介護老人保健施設/福祉センター・特別養護老人ホームなどの保健福祉施設/大学院進学 など

ページの先頭へ

4年間の学びの流れ

池袋

基礎的科目で幅広い教養を身につけます。また、基礎作業療法学や実習を通し、早くから専門分野への動機づけを行います。

[学外実習]
臨床実習I(見学実習)
【3日間×2領域(身体障害/精神障害/発達障害ほか)】
池袋

基礎・臨床医学系の専門基礎科目で土台を築きながら、身体障害・精神障害等対象領域の作業療法について学びます。

[学外実習]
臨床実習II(評価実習)
【2週間×2領域(身体障害/精神障害)】
池袋

後期には専門的課題に小グループで取り組む問題発見・解決型学修を行い、プレゼンテーション能力を養います。

池袋

総合的な臨地・臨床実習で作業療法の基礎的な技術や態度を修得します。卒業研究や、国家試験の準備、就職活動にも取り組みます。

[学外実習]
総合臨床実習
【8週間×2領域(身体・精神・老年期障害/地域ほか)】

ページの先頭へ

ピックアップ授業

ビューティ・リハビリテーション

菊池 恵美子 教授(作業療法学科長)

病気や障がいの有無に関わらず、人が社会参加をする上で大切な「装い」の支援について、作業療法士に必要な知識と技術を学びます。学生は、被服及び化粧について、障がいに応じた工夫及びリフォーム技術の一部を体験します。

作業療法研究演習

菊池 和美 准教授

情報検索や統計分析ツールの活用、研究計画とそのプレゼンテーションを通して、作業療法士として仕事をするうえで欠かせない、問題を発見し解決する力、得られた情報を発信する手段と方法を学びます。

ページの先頭へ

VOICE 在学生の声

足の悪い祖母の力になりたいと思い進路を決定。この学科を志望したのは、モノづくりの面も学べると考えたからです。例えば、押し花を活用したリハビリ行為など一つ一つにも医学的な裏付けがあることなど、授業は興味深いことばかり。今後は自助具についての学びなど実習が増えていくのでしっかり勉強したいです。臨床の現場で働くようになったら、技術や知識に加えて患者さんの気持ちや心のケアにも努めていきたいです。

佐藤 よし 3年  東京都・文京高等学校出身
※平成29年度取材

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る