柔道整復師になるには|必要な資格やスキルと就職までの流れを解説

コラム

柔道整復師になるには|必要な資格やスキルと就職までの流れを解説

骨折や捻挫といった急性のケガに対して治療を行い、回復をめざす柔道整復師。
今回は、そんな柔道整復師になるために必要な資格やスキル、就職までの流れについて詳しく解説します。これからの進路やキャリアを考える参考にしてみてくださいね。

柔道整復師をめざすなら、帝京平成大学

柔道整復師をめざすなら、現場での活躍やキャリア実現に欠かせない実践能力を身につけることができ、同じ夢を持つ仲間と出会える帝京平成大学で学んでみませんか?

柔道整復師をめざせる「ヒューマンケア学部 柔道整復学科 トレーナー・柔道整復コース」と「健康医療スポーツ学部 柔道整復学科 トレーナー・柔道整復コース」での学びについて詳しくご紹介します。

柔道整復師になるには

まずは、柔道整復師として現場で活躍するまでの流れをご紹介します。

1.高校卒業後、養成学校で柔道整復を学ぶ

柔道整復師になるには、国家試験に合格し「国家資格」を取得する必要があります。

柔道整復師国家試験の受験資格は、柔道整復学科のある4年制大学か3年制の短期大学、もしくは専門学校で3年以上学び、定められたカリキュラムを修了することで得られます。
これらの養成学校では、一般教養や人体構造、ケガ、障害にまつわる知識などを身につけるとともに柔道整復実技を学びます。
 

2.就職活動をする

柔道整復師の活躍の場は、整骨院や接骨院、整形外科クリニックといった治療・リハビリテーションの現場のほかに、スポーツや福祉介護領域などまで多岐にわたります。人気の就職先は募集が早めに打ち切られてしまうこともあるため、国家試験受験前、大学の場合は3年次から4年次の夏頃、短期大学・専門学校の場合も2年次から3年次の夏頃を目安に就職活動を行う方もいます。

一方で受験前は勉強に集中し、試験を終えた後に就職活動を行う方も。学習状況と希望する就職先の募集時期をふまえ、自分にあったタイミングを選択できるとよいでしょう。
 

3.柔道整復師国家試験を受験する

必要単位を取得して養成学校を卒業、もしくは卒業見込みになったら柔道整復師の国家試験を受験します。柔道整復師国家試験は年に一度実施され、身体やケガにまつわる幅広い専門知識が問われます。

柔道整復師国家試験の試験内容や受験に必要な手続きについては、次の記事で詳しく解説しています。ご興味のある方はこちら(柔道整復師国家試験の基礎知識|日時や内容、合格率まで解説)を参考にしてみてください。

4.国家試験合格後、免許を取得する

国家試験を受験し「必修問題で総点数の80%以上」「一般問題で総点数の60%以上」の条件をどちらも満たすと、合格となります(合格基準は直近5年間のもので、変更となる可能性があります)。
しかし、合格しただけでは柔道整復師として働くことができません。そのため、合格後は柔道整復研修試験財団から柔道整復師免許申請書を請求し、免許登録の申請を行い、柔道整復師名簿に登録されたら、晴れて柔道整復師としての一歩を踏み出すことができます。

5.内定先に就職し、経験を積む

免許取得後は就職し、各施設での研修を経て正式に施術を行いはじめます。また柔道整復師は独立開業が可能な資格であるため、現場で経験を積んだ後に独立する選択肢もあります。

柔道整復師に求められる知識や技術

続いて、柔道整復師になるにあたって求められる知識・技術をご紹介します。

人体構造やケガにまつわる専門知識

柔道整復師は、専門知識にもとづいた正しい治療やリハビリテーションを提供するために、人の身体の構造や機能、ケガなどにまつわる幅広い知識が必要です。

柔道整復師国家試験では、例年以下の11科目が問われるなど、幅広い専門知識が求められます。

解剖学、生理学、運動学、病理学概論、衛生学・公衆衛生学、一般臨床医学、外科学概論、整形外科学、リハビリテーション医学、柔道整復理論、関係法規
(参照:厚生労働省「柔道整復師国家試験の施行」)

また柔道整復師は人の身体を扱う仕事という面から資格取得後も、自己学習や学会への参加などによって専門知識の継続的な学習が求められます。

整復・固定などの治療技術

知識習得と並んで重要なことは「治療の技術」です。柔道整復師が主に行う治療は次の3つで、これらの実技能力を確実に身につける必要があります。

  • 整復:骨折した箇所や外れた関節を元の状態に戻す
  • 固定:骨折や脱臼、捻挫などのケガが起きた患部を、包帯やテーピングなどを用いて固定する
  • 後療法:電気治療や筋力トレーニングなど多様な手段を用いて、ケガで損傷した箇所の回復をはかる

国家試験で治療の技術力が問われることはありませんが、代わりに「認定実技試験」が設けられており、柔道実技と柔道整復実技の2つに合格しなければ国家試験の受験資格が得られない養成学校もあります。

一般教養と豊かな人間性

上記の専門知識や技術にくわえて、柔道整復師には社会人として、そして患者と向き合い治療を行う医療従事者として「人間性」を養うことも重要です。
そのため、養成学校では柔道の精神や生命倫理、人の尊厳などについて学びを深め、柔道整復師としての心構えを身につけるとともに外国語や科学的思考をはじめとした一般教養を身につけることも大切なテーマの一つです。また、患者やその家族と良好な関係を構築するためのコミュニケーション力も重要です。「この人なら安心して任せられる」と思ってもらえるよう、患者自身の行動や言動に注意し変化を見ながらの対応も求められます。

柔道整復師になるなら帝京平成大学

柔道整復師をめざすなら、知識・技術の習得と豊かな人間性の獲得を両立できる帝京平成大学で学んでみませんか?

基礎教養から医学的専門知識まで習得できる

帝京平成大学では、1年次の「教養学修」でバランスの取れた人格形成の一助となる一般教養を身につけ、また柔道整復師に欠かせない身体の構造や機能、ケガにまつわる知識・原則を3年かけてしっかりと学ぶことができます。

さらに3年間の学びをふまえ、4年次には国家試験対策も実施。担任だけでなく教員全体で連携しながら、免許取得に向けて徹底したサポートを提供しています。

豊富な臨床実習で即戦力へ

帝京平成大学には附属の接骨院が隣接しており、臨床現場に即した実技授業を実施。臨床経験豊富な教員の指導で、確かな実践能力と「心構え」を養い、資格取得後の即戦力としての活躍をめざすことができます。

まとめ

柔道整復師になるには、養成校で専門知識・技術を身につけた上で国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受ける必要があります。

柔道整復師をめざすなら、臨床現場で患者と向き合うための知識・技術・心構えを身につけられる帝京平成大学で学ぶのがおすすめです。オープンキャンパスへのお申し込みや資料請求をご希望の方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。