• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

大学概要

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)健康医療スポーツ学部

健康医療スポーツ学部は、本学の建学の精神に則り、実学の精神を基本とした学内実習および臨床実習に、専門知識を展開できる能力を備えた入学者を求める。

  • 1.健康・医療・スポーツ分野の関連科目を修得できる十分な基礎学力(知識・表現力・判断力)を有している。
  • 2.専門職としての意識を育み、チームワークを大切に考え社会性のある行動を取ることができる。
  • 3.地域における総合的な健康づくりの推進力となり、将来的に指導者となろうとする向上心を持って努力する能力を有している。
  • 4.障がいのある人と関わる医療職の専門家として、弱者に対する協調性、理解力、優しさ、コミュニケーションの重要性を認識し、行動できる社会貢献能力を有している。

柔道整復学科 トレーナー・柔道整復コース

健康医療スポーツ学部 柔道整復学科 トレーナー・柔道整復コースは、豊かな教養や技術を備え、地域における総合的な健康づくりの推進力となり、生涯教育において自ら学ぼうとする意欲を持ち、積極的に諸問題を解決できる基礎的能力を有する、地域に根ざした人間性豊かな「医療人」としての柔道整復師を養成するという教育目的を達成するため、以下のような入学者を求める。

  • 1.医療人(柔道整復師)としての旺盛な好奇心と学習意欲を有している。
  • 2.健康・医療・スポーツ分野の科目を修得できる十分な基礎学力(知識・表現力・判断力)を有している。
  • 3.基本的なコミュニュケーション能力を有していると同時に、その更なる向上に努める意欲がある。
  • 4.積極的に諸問題の解決に取り組んでいこうという前向きな姿勢を有している。
  • 5.メディカルスタッフとして、地域における総合的な健康づくりや、生涯教育について関心を有している。

ページの先頭へ

作業療法学科

健康医療スポーツ学部 作業療法学科は、リハビリテーションの専門職として、地域に根ざした作業療法及び保健医療活動が行える人材の養成という教育目的を達成するため、以下のような入学者を求める。

  • 1.障がいのある人(児)を理解し、人や社会の役に立ちたいという気持ちを有している。
  • 2.人、社会、保健医療について理解し、リハビリテーション専門職として社会に貢献しようとする意欲を有している。
  • 3.様々な人や関連職種との連携・コミュニケーション能力の必要性を理解し、自ら高めたいと考えている。
  • 4.主体的な学習意欲とともに、最新のリハビリテーション医療・作業療法を学ぶために必要な基礎知識、学力を有している。

ページの先頭へ

理学療法学科

健康医療スポーツ学部 理学療法学科は、「接遇と気付きの配慮を持つセラピスト」養成という教育目的を達成するため、以下のような入学者を求める。

  • 1.総合的な健康づくりの推進力となろうとする意欲と、必要な思考力・判断力・表現力を有している。
  • 2.基礎的・基本的な医学を学び、自然科学や人間に関する学問すべてに真摯に取り組む意欲を有している。
  • 3.自らの知識・技能を活用し地域に貢献しようとする志を持ち、リハビリテーションチームの一員となろうとする意欲を有している。
  • 4.主体的に学習に取り組み、疫病や事故、老化などに伴って生じる生活上の支障に対して、あらゆる対応の可能性を捉え、多くの職種の人々と協働して学ぶ姿勢を有している。

ページの先頭へ

医療スポーツ学科

健康医療スポーツ学部 医療スポーツ学科は、救命救急医療の実践を通して地域の人々の命を守ること、スポーツの実践を通して地域の人々の健康を増進させることへの強い意欲と使命感、以下の資質を備えた入学者を求める。

  • 1.人々の命を守る理論と技術、健康増進の理論と技術、これらを学ぶための基礎学力を有している。
  • 2.救命救急医療の実践、スポーツの実践に必要な基礎的体力と、いかなる困難にも打ち勝つ精神力を有している。
  • 3.救急現場でのチーム医療、競技におけるチームワークなど、他者との協調性に優れている。
  • 4.あくことなき向学心と、広い国際的視野を有している。

医療スポーツ学科 救急救命士コース

健康医療スポーツ学部 医療スポーツ学科 救急救命士コースは、人間愛にあふれ、病院前医療の専門家としての広い医学知識と高度の実践能力を持ち、地域医療の向上に貢献できる救急救命士を養成するために、以下のような入学者を求める。

  • 1.医療専門職としての倫理観、医学的思考並びに実践能力を身につける意志を有している。
  • 2.医療に係る多職種と協力し、チーム医療の一員として行動する意志を有している。
  • 3.救命救急の過酷な現場での活動に必要な基礎体力と強い使命感を有している。
  • 4.国際的視野を持ち、常に自己研鑚に励む意志を有している。

ページの先頭へ

医療スポーツ学科 トレーナー・スポーツコース

健康医療スポーツ学部 医療スポーツ学科 トレーナー・スポーツコースは、スポーツを通じて幅広く人々の健康維持増進・疾病予防に貢献できるスポーツ指導員や、医療コメディカル・スタッフとしてのアスレティックトレーナー、保健体育教員の養成を目指している。この教育目的を達成するために、以下のような入学者を求める。

  • 1.体育・スポーツの指導員として必要な基礎学力があり、専門知識を学ぶ意欲を有している。
  • 2.人々の健康生活実現に向けた方策を学ぶ意欲を有している。
  • 3.他者との交流を好み、更に深めようとする意欲を有している。
  • 4.自己の知識を深め、技術を修得し、社会に貢献したいと考えている。

ページの先頭へ

医療スポーツ学科 アスリートコース

健康医療スポーツ学部 医療スポーツ学科 アスリートコースは、第一線で活躍する各種競技アスリートと指導者、保健体育教員などの人材を養成するために、以下のような入学者を求める。

  • 1.全国・世界大会他で活躍を目指す水準の資質と競技力を有している。
  • 2.積極的に自己鍛練に努める意欲を有している。
  • 3.チームワークを尊重する精神と協調性を有している。
  • 4.スポーツに対して強い愛着・興味・関心を有している。

ページの先頭へ

看護学科

健康医療スポーツ学部 看護学科は、人命を対象とする専門職として社会からの要望に十分応えられるよう、生命に対する畏敬の念と人間尊重の理念に基づき、柔軟で豊かな感性を育てるとともに、人間を統合的に理解する能力を養い、時代のニーズに即応した看護を展開できる人材を養成する。また看護職としての専門的知識や実践技術・態度を身につけ、的確な判断のもとに、安全で快適なケアを提供できる人材を養成する。さらに保健医療チームの一員としての責任と自覚のもとに、連携・協働して組織を運営する能力を養う。この教育目的を達成するため、以下のような入学者を求める。

  • 1.専門的知識を学ぶ基盤となる学力と、自律的に継続できる学習習慣を有している。
  • 2.共感や協調の気持ちを持って、他者とのよい人間関係を築くことができる。
  • 3.積極的に地域社会と関わり、社会に貢献しようという意欲を有している。
  • 4.保健医療に関わる者として、高い志と倫理観を備えている。

ページの先頭へ

各学部・各研究科の入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 学部情報を調べる 学生生活を見る 入試について知る