助産別科
About Us

帝京平成大学について

助産別科

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

助産別科は、その教育課程を履修した者に対し、以下の能力を有すると認定し修了証書を授与する。

  1. 人の一生における性と生殖をめぐる健康問題について、援助活動ができる能力を有している。
  2. 妊娠・分娩・産褥・新生児期の健康水準を診断し、妊娠・分娩・産褥・新生児期が自然で安全に経過できるよう援助できる能力を有している。
  3. 安心して子どもを産み育てるために、個人及び社会にとって必要な地域の社会資源の活用や調整できる能力を有している。
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

助産別科は、建学の精神と卒業認定・学位授与の方針に掲げた目的を達成するため、以下のようなカリキュラムを編成し授業を行う。

  1. 助産師に必要な知識、技術、態度を身につけ、広い視野を持って行動できる実践能力を養成する。
  2. 人の生涯を通じて性と生殖をめぐる健康問題について全人的な支援ができる能力を養成する。
  3. 妊娠・分娩・産褥・新生児期の助産診断と技術を修得し、援助ができる能力を養成する。
  4. 地域母子保健活動を実践できる能力を養成する。
  5. 生涯を通じて自己研鑽ができる態度を身につける。
入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

助産別科は、豊かな人間性と柔軟なものの考え方ができ、人の一生を通じて性と生殖をめぐる健康問題に全人的な支援を行い、新しい生命の誕生に確かな技術と真心で応えることのできる人材の養成という教育目的を達成するため、以下のような入学者を求める。

  1. 助産師教育を学ぶ明確な動機と、強い意志を有している。
  2. 助産師教育を学ぶにふさわしい基礎学力を身につけている。
  3. 生命尊重を重んじ、人間を深く理解しようとする姿勢を有している。
  4. 知的好奇心と探究心を備え、自ら主体的に学ぼうとする意欲を有している。
  5. 豊かな心を持ち、協調性があり他者とコミュニケーションを取ろうとする姿勢を有している。