健康メディカル学部
About Us

帝京平成大学について

健康メディカル学部

健康メディカル学部

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

健康メディカル学部は、建学の精神に基づき、主に保健・医療・福祉などの専門分野で活躍できる以下の知識・能力・態度を有するに至った者に学位を授与する。
学士(理学療法学・作業療法学・言語聴覚学・心理学・栄養学・健康科学)

  1. 社会人として自立(律)できる力を有している。
  2. 幅広い教養とコミュニケーション能力を有している。
  3. 人間愛に基づき専門分野で社会に貢献できる力を有している。
  4. 各専門分野における知識と技術および態度を身につけている。
  5. 資格を活かして国際的にも活躍できる力を有している。
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

健康メディカル学部は、建学の精神と卒業認定・学位授与の方針(以下DPという)に掲げた目的を達成するため、以下のようなカリキュラムを編成し、授業を行う。

  1. 全学共通科目(必修)として、フレッシュセミナー、アドバンスセミナー、英語、およびコンピュータ演習を開講し、社会人として自立(律)できる力、幅広い教養とコミュニケーション能力、専門分野で社会に貢献できる力を養成する。
  2. 他の共通科目(選択必修および選択)として、DPのすべてと関連する幅広い科目を配置する。
  3. 専門基礎科目を、専門科目を学ぶ上で基礎となる科目の順序性を考慮し、学年に応じて配置する。
  4. 専門科目を、学科・コースに応じた国家試験受験資格取得、または認定資格取得のためのカリキュラムとして配置する。
  5. その他の認定資格を取得する場合に必要な科目は、4年間にわたり系統的に配置する。
入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

健康メディカル学部は、建学の精神と卒業認定・学位授与の方針、学部・学科・コースの教育目的を達成するため、以下のような入学者を求める。

  1. 入学後の学修に必要な基礎学力(知識・理解力・実践力)を有している。
  2. 物事を多面的かつ論理的に考えようとする。
  3. 自分の考えを的確に文書や口頭で表現し、伝えようと努力する。
  4. 積極的に他者と関わり、コミュニケーションしようと努力する。
  5. 文化、社会、人間、および保健・医療・福祉に関心を持ち、社会に貢献する意欲がある。

健康栄養学科

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

健康メディカル学部 健康栄養学科は、建学の精神をもとに、主に食・栄養学の専門分野で活躍できる以下の知識・能力・態度を有するに至った者に学位を授与する。
学士(栄養学)

  1. 自立(律)できる力を有している。
  2. 他者とのコミュニケーション能力を有している。 
  3. 食・栄養学における専門分野で社会に貢献できる力を有している。
  4. 管理栄養士の国家試験を受験する能力を有している。
  5. 問題発見と提起および問題解決能力を有している。
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

健康メディカル学部 健康栄養学科は、建学の精神と卒業認定・学位授与の方針(以下DPという)に掲げた目的を達成するため、以下のようなカリキュラムを編成し授業を行う。

  1. 全学共通科目として、フレッシュセミナー、アドバンスセミナー、英語、およびコンピュータ演習を必修とし、社会人として自立(律)できる力、幅広い教養とコミュニケーション能力、専門分野で社会に貢献できる力を養成する。
  2. 他の共通科目(選択必修および選択)として、DPのすべてと関連する幅広い科目を配置する。
  3. 「専門教育科目」は、食・栄養に関する「専門基礎科目」と「専門科目」を体系的に編成し、食・栄養に関する専門職としての知識・技能を修得することにより、管理栄養士の国家試験受験資格が得られるよう配置する。
  4. 講義、演習、実習、学外実習では、グループ学習や成果の発表などを積極的に行い、能動的学習能力・表現力能力・協働能力を養成する。
  5. フードスペシャリスト受験資格、栄養教諭一種免許状を取得する場合に必要な科目は、4年間にわたり系統的に配置する。
入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

健康メディカル学部 健康栄養学科は、建学の精神、すなわち実学の精神に則り、社会に貢献できる質の高い管理栄養士・栄養士を養成するため、以下のような入学者を求める。

  1. 入学後の学修に必要な基礎学力(知識・思考力・判断力・表現力)を有している。
  2. 主体性を持って、多様な人々と協働して学ぼうとする意欲を有している。
  3. 自分の考えを文書や口頭で表現し、伝えることができる。
  4. 高い倫理観と科学的思考・実践能力を身につけようとする意欲を有している。
  5. 文化、社会、人間、保健・医療・福祉に関心を持ち、特に「食と栄養」に関心があり、将来、管理栄養士として社会に貢献しようとする意欲を有している。

臨床心理学科

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

健康メディカル学部 臨床心理学科は、建学の精神をもとに、本学科の教育課程を履修し、以下の知識・能力・態度を有するに至った者に学位を授与する。
学士(心理学)

  1. 人間を理解する心理学の知識と方法を修得しており、社会と接する中で心理的問題の解決に取り組むことができる。
  2. 自己を確立すると同時に適切なコミュニケーションスキルを持ち、他者と協力していく能力を有している。
  3. 社会の情勢に関心を持ち、自己の研鑽・能力の向上のため、意欲と機会を持ち続けることができる。
  4. 公認心理師国家資格等の取得を目指す者は、専門職としての倫理を学び、心理職として必要な知識と技能を修得し、多職種と連携して業務を遂行する力を身につける。
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

健康メディカル学部 臨床心理学科は、建学の精神と卒業認定・学位授与の方針に掲げた目的を達成するため、以下のようなカリキュラムを編成し授業を行う。

  1. 社会人としてのマナーを身につけるための初年次教育の充実を図る。
  2. 人間理解を深める臨床心理学の基礎を学び、臨床実践の基盤となる知識・技術を修得できる科目を配置する。
  3. 学生自らの人間性や将来のキャリアについて考える機会を持てる授業科目を配置する。
  4. 臨床心理学を社会生活に役立てていくための実学的な専門科目を配置する。
  5. 心理に関する支援を要する人々を深く理解し、医療・福祉・教育・産業・司法領域で適切に支援するための科目を配置する。
入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

健康メディカル学部 臨床心理学科は、「人間とは何か」について深く学び、複雑な現代社会に貢献することができる、知識・技能とコミュニケーション能力に長けた人材を養成するという教育目的の達成のため、以下のような入学者を求める。

  1. 当学科のカリキュラムを学ぶのに必要な基礎的な知識と学力を有している。
  2. 心理学を学ぶ明確な目的と意欲を有している。
  3. 自分と他者に対する敬意と関心を持ち、自ら考え、判断し、行動する力を有している。
  4. 心理に関する支援を要する人々に対しての理解と関心を有している。
  5. 基本的な倫理観、道徳観を有している。

言語聴覚学科

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

健康メディカル学部 言語聴覚学科は、建学の精神をもとに、本学科の教育課程を履修し、以下の知識・能力・態度を有するに至った者に学位を授与する。
学士(言語聴覚学)

  1. 言語聴覚士の職務について正しく理解し、社会人として自立(律)できる力を有している。
  2. 幅広い教養とコミュニケーション能力を有し、職務遂行に十分な日本語能力、社会性、マナー、倫理観、自己管理能力、医療専門職としての自覚を身につけている。
  3. 人間愛に基づき、言語聴覚士として社会に貢献できる力を有している。
  4. 言語聴覚障害学に関連する基礎科目ならびに専門科目についての十分な知識を有し、それを自らの臨床実践に応用できる能力がある。また言語聴覚障害の臨床実践に必要な各種技能(観察、記録、検査、評価・診断、訓練・指導、考察などの能力)を身につけている。
  5. 言語聴覚士の資格を活かし、国内外で活躍できる力を有している。
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

健康メディカル学部 言語聴覚学科は、建学の精神と卒業認定・学位授与の方針(以下DPという)に掲げた目的を達成するため、以下のようなカリキュラムを編成し授業を行う。

  1. 全学共通科目(必修)として、フレッシュセミナー、アドバンスセミナー、英語、およびコンピュータ演習を開講し、医療専門職としての意識の育成と、社会性、自己管理能力の獲得を重視した人間教育を行う。また広く文化や社会の動向への関心を高め、幅広い年代の人とコミュニケーションがとれる教養を身につけ、言語聴覚士の職務に必要な日本語能力の研鑽・向上を図る。
  2. 他の共通科目(選択必修および選択)として、DPのすべてと関連する幅広い科目を配置する。
  3. 専門基礎科目を、専門科目を学ぶ上で基礎となる科目の順序性を考慮し、言語聴覚士国家試験受験資格取得のためのカリキュラムとして配置する。
  4. 専門科目を、言語聴覚士国家試験受験資格取得のためのカリキュラムとして配置し、広範な科目領域の知識と各種技能の定着を図る。
  5. 言語聴覚障害臨床に必要な臨床能力を身につけるために、学内における演習・実習並びに外部施設における臨床実習を、学年に応じ系統的に配置する。
入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

健康メディカル学部 言語聴覚学科は、言語聴覚士に求められる高度な専門性に加え、優れた言語・コミュニケーション能力と、豊かな人間性を養成するため、以下のような入学者を求める。

  1. 言語聴覚障害学を学ぶ明確な動機と意欲、自ら能動的に学習に取り組む姿勢を有している。
  2. 文化、社会、人間、および保健・医療・福祉に関心を持ち、将来、言語聴覚士の職務を通して社会に貢献する意欲と、人を尊重し敬愛する姿勢を有している。
  3. 入学後の学修に必要な基礎学力(知識・理解力・実践力)を有し、特に言語聴覚士の職務を果たすのに必要な、基礎的日本語の語彙、読解能力を有している。また、自分の考えを的確に文書や口頭で表現する能力、他者と良好なコミュニケーションがとれる能力を備えている。
  4. 臨床現場で求められるチームアプローチに参加するのに必要な、基本的協調性と社会性、積極性、マナーを有している。

作業療法学科

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

健康メディカル学部 作業療法学科は、建学の精神に基づき、リハビリテーション専門職である作業療法士として活躍できる以下の能力・資質を有するに至った者に学位を授与する。
学士(作業療法学)

  1. 幅広い教養とコミュニケーション力を発揮し、他職種と連携しながら人間関係を構築することができる。
  2. リハビリテーション専門職の自覚を持ち、作業療法士として主体的、自律的に業務に取り組む力を有している。
  3. 地域社会や作業療法対象者のニーズに誠実に応え、社会に貢献することができる。
  4. 作業療法に関する知識と技術、および態度を身につけ、国内外で活躍できる能力を有している。
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

健康メディカル学部 作業療法学科は、建学の精神と卒業認定・学位授与の方針に掲げた目的を達成するため、以下のようなカリキュラムを編成し授業を行う。

  1. 全学共通教養教育科目では、現代社会における問題を理解する力や幅広いものの見方を身につける。
  2. セミナーでは、初年次から臨床実習に向けて、キャリア教育やマナーを初めとするプレ社会人教育を通して汎用的能力を修得する。
  3. 専門教育科目については、初年次から4年次にかけて国家資格試験に必要な専門基礎科目と専門科目を体系的に学修する。
  4. 学内の講義、演習および実習の他に、初年次から4年次にかけて段階的に学外での臨床実習を体験し、作業療法士として働くために必要な臨地・臨床能力を身につける。
入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

健康メディカル学部 作業療法学科は、学科の教育目的、即ち、リハビリテーション専門職種として他職種と連携し協働できる人材の養成を達成するため、以下のような入学者を求める。

  1. 高等学校の教育課程を幅広く学修している。
  2. 作業療法という専門性の高い仕事に就く意欲がある。
  3. 専門的な知識や技術を学修するための基盤となる日本語(読解力・表現力)を身につけている。
  4. 保健医療福祉に関する興味や関心がある。
  5. 他人と協力して物事をやり遂げようとする。
  6. 課外活動やボランティア活動の経験があることが望ましい。

理学療法学科

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

健康メディカル学部 理学療法学科は、本学科の教育課程を履修し、医学の進歩と連動し、最新の理学療法学を自ら学ぶことのできる能力と、科学的視点から思考する能力を有するに至った者に学位を授与する。
学士(理学療法学)

  1. 最新の理学療法の理論と技術を修得し、実践することができる。
  2. リハビリテーション医療チームのメンバーとして、幅広い対象者や他の専門職との信頼関係を築き上げることができる。
  3. 基礎及び臨床に立脚した研究を行う基礎能力を有している。
  4. 専門的知識と技能(国家資格試験を受験できる能力)を有している。
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

健康メディカル学部 理学療法学科は、建学の精神と卒業認定・学位授与の方針に掲げた目的を達成するため、以下のようなカリキュラムを編成し授業を行う。

  1. 小児から高齢者までの対象者に対応できる医療従事者としての人間性と社会性を育てるための教養科目を配置する。
  2. 10人から15人程度のグループを編成し、各担任によるきめ細かい学習指導を行い、自ら調べ、学習する態度と、コミュニケーション能力を養成する。
  3. 学内における実習・演習は30人程度のグループに分けて、複数の教員における実習指導を行い、臨床に強い学生を養成する。
  4. 幅広い領域にわたる医学知識と理学療法専門領域を学修し、標準的な理学療法学の理論と技術を身につける。
  5. 医学の進歩に対処できる高度な理学療法専門知識・技術を修得する専門科目を配置する。臨床現場を体験するクリニカルインターンシップ(見学実習)を1年次後期に行い、学習意欲の向上を図る。本格的なクリニカルインターンシップ(臨床実習)を、学内における講義・実習・演習を修得した4年次に配置する。
入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

健康メディカル学部 理学療法学科は、高度な専門知識を身につけ、また、医療チームの一員として、小児から高齢者までの幅広い人々を対象とするための幅広い教養と人間性を備えた理学療法士を養成する。この教育目的を達成するため、以下のような入学者を求める。

  1. 新しいことを学び、身につけようとする意欲、向学心を有している。
  2. 基礎医学、理学療法専門科目を修得できる十分な基礎学力が備わっている。
  3. 対象者や他の医療職との関わりにおいて求められる協調性や、コミュニケーション能力の重要性を認識している。
  4. 豊かな人間性、障がい者を支える優しさ、忍耐力を有している。​​​​​

医療科学科

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

健康メディカル学部 医療科学科は、救急救命士や臨床工学技士を目指し、以下の知識・能力・態度を有するに至った者に学位を授与する。
学士(健康科学)

  1. 国家試験受験に必要な知識と技能を身につけている。
  2. 医療人としての倫理観に基づき、専門的知識と技術を発揮し、傷病者に対する適切な医療機器等の操作をすることができる。
  3. 医療チームの一員として他職種の業務内容を理解し、協調して傷病者の支援救護にあたることができる。
  4. 将来にわたって自己研鑽を積む能力を身につけている。
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

健康メディカル学部 医療科学科は、建学の精神と卒業認定・学位授与の方針に掲げた目的を達成するため、以下のようなカリキュラムを編成し授業を行う。

  1. 全ての医療専門職に求められる専門基礎分野、とくに人体の構造と機能について修得する科目を配置する。
  2. 救急救命士、臨床工学技士それぞれに特化した医療専門分野にかかわる知識と技能を修得する科目を配置する。
  3. 救急救命士、臨床工学技士それぞれが医療現場で求められる役割と責任を理解し実践に向けた認識を高めるために「臨床実習」あるいは「救急用自動車同乗実習」を配置する。​​​​​​
入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

健康メディカル学部 医療科学科は、救急救命士と臨床工学技士を養成する2つのコースから成り、医療専門職として医学知識を修得するための専門教育を行うとともに、医療人として人間愛にあふれた人材を養成するため、以下のような入学者を求める。

  1. 入学後に医療系科目を学ぶために必要な基礎学力と、勉学に対する高い意欲を有している。
  2. 医療チームの一員として、他職種の医療人と協力してチーム医療を担う資質を有している。
  3. 医療人としての倫理観と科学的思考法を身につける意欲を有している。
  4. 在学中、目標へ向けて自己を研鑽する努力を惜しまない姿勢を有している。
救急救命士コース
卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

健康メディカル学部 医療科学科 救急救命士コースは、病院前救急医療における医療専門職である救急救命士となることを目指し、以下の知識・能力・態度を有するに至った者に学位を授与する。
学士(健康科学)

  1. 救急救命士国家試験受験に必要な知識と技能を身につけている。
  2. 傷病者に対して医療専門職としての倫理観に基づき、専門的知識と技能を発揮することができる。
  3. 病院前救急医療において、他職種とのチーム医療を実践できる協調性を持ち、地域救急医療への貢献が期待できる。
  4. 継続的研鑽・学修に励み、専門的知識・技術の水準を維持し、病院前救急医療学の発展に寄与することができる。
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

健康メディカル学部 医療科学科 救急救命士コースは、建学の精神と卒業認定・学位授与の方針に掲げた目的を達成するため、以下のようなカリキュラムを編成し授業を行う。

  1. 医療専門職としての専門基礎分野、とくに人体の構造と機能、疾患の成り立ちと回復の過程、健康と社会保障の仕組みについて修得する科目を配置する。
  2. 救急救命士の専門分野として、救急医学概論、救急症候・病態生理学、疾病救急医学、外傷救急医学及び環境障害・急性中毒学についての知識を修得する科目を配置する。
  3. 救急救命のための心肺蘇生、救急疾病や外傷を想定したシミュレーション、応急手当指導法の演習を通して実践能力を身につける。
  4. 救急医療の実際を学習させるため、「臨床実習」や「救急用自動車同乗実習」において、救命救急センターや消防機関等で一定期間の実習を行う。​​​​​​
入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

健康メディカル学部 医療科学科 救急救命士コースは、救急現場から医療機関までの病院前救護(プレホスピタルケア)の担い手である「救急救命士」としての実践能力と医学知識を修得するための専門教育を行い、医療専門職として人間愛にあふれた人材を養成するため、以下のような入学者を求める。

  1. 救急医療を必要とする傷病者に対する理解と愛情を有している。
  2. 医療に関わる多職種と連携してチーム医療の一員を担う資質を有している。
  3. 地域の救急医療や国内外の災害医療に積極的に貢献する意志を有している。
  4. 医療専門職として倫理観と科学的思考並びに実践能力を身につける意志を有している。
  5. 在学中、目標へ向けて自己を研鑽する努力を惜しまない姿勢を有している。
臨床工学コース
卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

健康メディカル学部 医療科学科 臨床工学コースは、建学の精神をもとに、医学・工学・情報などの分野で活躍できる人材の養成を目的とし、以下の知識・能力・態度を有するに至った者に学位を授与する。
学士(健康科学)

  1. 医療機器等に関わる医学および工学的知識を十分に有している。
  2. 学内で学んだ知識をベースに、自らの職に活かせる能力を有している。
  3. 変化しつつある医療環境と技術に対応すべく、卒業後も自ら研鑽を続ける事ができる。
  4. 臨床工学技士として、人の生命を預かる事に対する責任感と行動力を有している。
  5. 医療チームの一員として、他職種の業務に関しても十分な知識を有し、またその役割を理解し、円滑な連携に努める事ができる。
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

健康メディカル学部 医療科学科 臨床工学コースは、建学の精神と卒業認定・学位授与の方針に掲げた目的を達成するため、以下のようなカリキュラムを編成し授業を行う。

  1. 生体を理解するための医学系科目と工学技術者の基礎となる理数系科目および電気・機械系科目を専門基礎科目として配置し、機器・装置・情報学を専門科目として配置することで、医療分野に貢献できる力を養成する。
  2. 医療機器で重要な役割を果たしている電気・電子工学に関して、実践的知識を身につけるため、専門基礎科目の中に実験科目を配置する。
  3. 医療機器が有するリスクを十分に理解し、医療における安全と質の維持に対して常にその責を担えるように、専門科目の中に機器の構成とその安全管理に関する科目を配置する。
  4. 臨床工学技士(国家資格)を目指す学生に対しては、医療現場で必要な高度医療機器の原理と実機操作を目的とした学内での実習科目を配置し、4年次には医療技術者となるべく医療機関において6週間の「臨床実習」を行う。
入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

健康メディカル学部 医療科学科 臨床工学コースは、先進化する医療環境に柔軟に対応することができ、かつ医療における工学的知識を有する人材を養成するため、本学の建学の精神、即ち実学の精神に則り、以下のような入学者を求める。

  1. 入学後の修学に必要な基礎学力(知識・理解力・実践力)を有し、医療技術に興味を持って学習することができる。
  2. 医療従事者の中で、数少ない工学技術者という立場を理解し、工学関連科目を学習する意欲を有している。
  3. 日々進化しつつある医療環境を冷静に捉え、自ら情報収集に努め学習目標を明確にすることができる。
  4. 人との関わりの多い環境において、他職種とも積極的に関わることができる能力を有している。