帝京平成大学ポリシー
About Us

帝京平成大学について

帝京平成大学ポリシー

大学及び学部・学科・コースごとの、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)、教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)、入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)、帝京平成大学が目標とする力を公開しています。

    大学

    卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

    帝京平成⼤学は、建学の精神に則り、本学が定める教育課程を修了し、以下に掲げる資質と⼒を備えた者に学⼠の学位を授与する。

    1. ⼈⽂・社会科学と⾃然科学に均整のとれた教養及び専⾨能⼒を、⼈類の幸福・福祉のために的確に適⽤できる、⼈間愛にあふれた⼈格を備えている。
    2. 他者の意⾒を広く聴き、⾃らの考えを伝えて意思の疎通を図り、協働する⼒を有している。
    3. 不撓不屈の精神を備え、社会⼈として⾃⽴し逞しく⽣きる⼒を有している。
    4. 実学的に幅広い⾼度な専⾨知識と学際的な問題解決能⼒を備えた創造性を有している。
    5. 専⾨分野における課題や問題を深く研究し、成果を世界へ発信する意欲と⼒を有している。
    6. 地域社会との交流と貢献に努め、わが国と世界の持続・発展に尽くす⼒を有している。
    帝京平成大学が目標とする力
    1. ⼈間愛にあふれた⼈格
    2. 他者と協働する⼒
    3. ⾃⽴して逞しく⽣きる⼒
    4. 創造的な問題解決⼒
    5. 専⾨性を⾼める意欲と⼒
    6. わが国と世界の持続・発展に尽くす⼒
    入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

    本学の建学の精神は、「実学の精神を基とし 幅広い知識と 専門分野における 実践能力を身につけ 創造力豊かな逞しい 人間愛にあふれた 人材を養成する」です。これは、われわれを取り巻く諸問題に対して、氾濫する多種多様な情報の中から、問題の背景や内容を理解し、創造的に解決し、社会に貢献できる人材を養成することを意味します。総合大学たる本学は、21世紀のグローバルな社会において、国際社会に通用する幅広い知識を活用し、専門分野で求められる実践能力を発揮して、真に社会に役立てるプロフェッショナルな人材を養成することを目指しています。
    従って、入学試験では、志望する学部、学科で必要な基礎知識を問いますが、いわゆる学力だけに偏重することなく

    • 目的意識を持って、地道に自己を研鑽し、社会に貢献するという志を持っているか
    • 豊かな人間性を育み、チームワークを大事にし、社会性のある行動がとれるか
    • 知識や理論の獲得のみならず、関連する資格を取得し、社会における実践を目指せるか

    このような資質を備えているか、又は今は不十分でも、そのための努力を惜しまずに行う強い意志を持っているか否かも判定基準に加味して選抜しております。

    アセスメント・ポリシー

    帝京平成大学は、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)、教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)、入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)の3つのポリシーに則し、具体的な方法を用いて学修成果などの検証を行うため、以下のとおりアセスメント・ポリシーを定める。

    <総論>

    1. 帝京平成大学のアセスメント・ポリシー
      帝京平成大学の建学の精神に則り、各学生の学修成果について、帝京平成大学ディプロマ・ポリシーの達成状況や卒後進路などを指標として検証し、全学的な教育改革、学修支援の改善などに関する教学マネジメントを充実させ、学生支援へ繋げていく。
    2. 学部・学科のアセスメント・ポリシー
      各学部及び学科・コースが定める3つのポリシーに則し、学生の教育課程全体を通じた学修成果の向上や教育改善について、e-ポートフォリオやティーチング・ポートフォリオを活用しつつ、卒業要件の達成状況、単位修得状況、GPA、国家試験等資格試験の合格率などのIR情報を指標として検証する。検証結果は、学部及び学科・コースの3つのポリシーの見直し、教育課程や学修支援の改善へ繋げていく。
    3. 授業科目のアセスメント・ポリシー
      各授業科目の担当教員が、学生の学修成果を、成績や学生による授業評価などを指標として検証する。検証結果は、授業内容や教授方法、学修支援の改善へ繋げていく。なお、各授業科目の成績評価は、担当教員がシラバスに明記された基準と方法によって行う。

    <具体的な検証方法>
    検証のための具体的な方法あるいは指標は、以下の表に示すとおりである。

      入学前・入学直後
    入学者受入れの方針を満たす人材かどうかの検証
    在学中(単位認定・進級判定)
    教育課程編成・実施の方針に則って学修が進められているかどうかの検証
    卒業時(卒業後)
    卒業認定・学位授与の方針を満たす人材になったかどうかの検証

    大学全体レベル
    (機関レベル)

    • 各種入学試験(基礎能力検査)
    • 調査書等の記載内容
    • 志願理由書等に基づく選考時面接
    • 初年次プレースメントテスト
    • 学修行動と学生生活に関する調査(入学時満足度を含む)
    • 初年次の休学数
    • 初年次の退学数
    • 初年次の転部・転科数
    • GPA(学期ごと・通算)
    • 修得単位数
    • 学修行動と学生生活に関する調査(満足度を含む)
    • 学修成果に関する調査
    • 退学数、率
    • 除籍数、率
    • 休学数、率
    • 留年者数、率
    • 転部・転科・転籍数、率
    • GPA
    • 学修行動と学生生活に関する調査(満足度を含む)
    • 学修成果に関する調査
    • 学位授与数
    • 卒業者数、率
    • 大学院進学者数、率
    • 留学者数
    • 資格取得者数、率
    • 就職率(A・B)
    • 資格・免許を活かした専門領域への就業率
    • 卒業生就職先雇用者へのアンケート調査

    学部レベル
    (教育課程レベル)

    • 各種入学試験(基礎能力検査)
    • 調査書等の記載内容
    • 志願理由書等に基づく選考時面接
    • 初年次プレースメントテスト
    • 学修行動と学生生活に関する調査(入学時満足度を含む)
    • 初年次の休学数
    • 初年次の退学数
    • 初年次の転部・転科数
    • GPA(学期ごと・通算)
    • 修得単位数
    • 単位修得率
    • 学修行動と学生生活に関する調査(満足度を含む)
    • 学修成果に関する調査
    • 科目の成績評価結果
    • 授業評価アンケート
    • e-ポートフォリオ
    • e-ポートフォリオを活用した学生面談
    • 進級率
    • 同一年度入学生に関する進級数、率(年次推移)
    • 退学数、率
    • 除籍数、率
    • 休学数、率
    • 留年者数、率
    • 転部・転科・転籍数、率
    • 留学プログラム参加者の成果
    • GPA
    • ディプロマサプリメント
    • 学位授与数
    • 修得総単位数
    • 単位修得率
    • 学修行動と学生生活に関する調査(満足度を含む)
    • 学修成果に関する調査
    • e-ポートフォリオ
    • 卒業率
    • 国家試験合格者数、率
    • 資格取得者数、率
    • 就職率(A・B)
    • 資格・免許を活かした専門領域への就業率
    • 大学院進学者数、率
    • 卒業研究
    科目レベル
    • プレースメントテスト
    • 成績評価
    • 学生による授業評価アンケート
    • 出席率
    • 履修放棄率
    • 授業実施時間
    • 単位修得率
    • 授業外学習時間の変化
    • e-ポートフォリオ
     

    助産別科

    通信教育課程