現代ライフ学部
About Us

帝京平成大学について

現代ライフ学部

現代ライフ学部

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

現代ライフ学部は、建学の精神に則り、様々な専門分野で活躍できる人材の養成を目的とする本学部の各学科・コースの教育課程を履修し、以下の能力を修得したものに学位を授与する。
学士(人間文化学)・学士(経営学)・学士(児童学)

  1. 幅広い教養を身につけ、現代社会の諸課題とその対処方策について的確に理解することができる。
  2. 現代社会に必要な基礎的なコミュニケーション能力、情報処理能力等を発揮することができる。
  3. 各専門分野の職業人として相応しい専門知識を、実践的な場面において的確に活用することができる。
  4. 倫理観と責任感を有し、社会に貢献することができる。
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

現代ライフ学部は、建学の精神と卒業認定・学位授与の方針に掲げた目的を達成するため、以下のようなカリキュラムを編成し授業を行う。

  1. 幅広い教養を身につけるための科目を配置する。
  2. 現代社会の諸課題を理解するための科目を配置する。
  3. 外国語、コンピュータ及びコミュニケーション能力等の基礎的なスキルを身につけるための科目を配置する。
  4. 各専門分野に関して、実社会で活用できる知識・技能を身につけるための科目を配置する。
  5. 実習、現場体験、ボランティア活動等を通して、実践的な能力と倫理観を身につける科目を配置する。
入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

現代ライフ学部は、建学の精神に則り、多様化する現代社会の要請に応え、様々な専門分野で活躍できる人材の養成を目指す。この教育目的を達成するため、以下のような入学者を求める。

  1. 現代社会の諸課題について理解しようとする強い意欲を有している。
  2. 専門知識を積極的に身につけようとする意欲を有している。
  3. 学んだ知識・技術を活かし、課題解決に求められる実践的行動力を身につけようとする姿勢を有している。
  4. 人には優しく、自らには厳しく律する倫理観と責任感を備えている、あるいはそれらを積極的に身につけようとする意志を有している。

児童学科

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

現代ライフ学部 児童学科は、建学の精神に則り、本学科の教育課程を履修し、以下の能力を有するに至った者に学位を授与する。
学士(児童学)

  1. 子どもに関する専門的な知識・技能を修得している。
  2. 現代社会における子どもに関する諸課題とその対処方策について、的確に理解している。
  3. 子どもに関する職業人に相応しいコミュニケーション能力、情報処理能力等を活かし、社会に貢献することができる。
  4. グローバル化している現代社会において、的確な判断力を有し、今後の我が国のみならず世界の発展に貢献する意欲を備えている。
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

現代ライフ学部 児童学科は、建学の精神と卒業認定・学位授与の方針に掲げた目的を達成するため、以下のようなカリキュラムを編成し授業を行う。

  1. 幅広い知識と教養を身につけ、子どもをめぐる社会問題に取り組む基盤を培う。
  2. 学校等へのインターンシップを活かし、実践的な力を養成する。
  3. 子どもに関する専門分野の理論を基礎に、アクティブ・ラーニング等新たな課題に対応できる力を養成する。
  4. 子どもに関わる職業人として、生涯にわたって絶えず研究と修養に励むことのできる態度を身につける。
入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

現代ライフ学部 児童学科は、子どもの指導・保育の場において専門性を活かし活躍できる実践能力を身につけ、人間愛にあふれた人材の養成を目指す。この教育目的を達成するため、以下のような入学者を求める。

  1. 子どもに関する専門分野を学ぶにあたって、必要な基礎学力を備えている。
  2. 子どもに関する専門的知識を積極的に身につける意欲を有している 。
  3. 現代社会における子どもをめぐる諸課題の解決について、実践的に取り組める力を身につける意欲を有している 。
  4. 子どもに関わる職業の重要性を認識し、倫理観と責任感を積極的に身につける意欲を有している。
小学校・特別支援コース
卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

現代ライフ学部 児童学科 小学校・特別支援コースは、建学の精神に則り、本コースの教育課程を履修し、以下の知識・技能・態度等を有するに至った者に学位を授与する。
学士(児童学)

  1. 児童学を理解し、教育に関する専門的な知識・技能を修得している。
  2. 子どもの問題を多面的に捉え、問題を解決することができる。
  3. 児童心理、障がい児の心理等に深い関心を持ち、社会に貢献することができる。
  4. 社会人として的確な判断ができ、今後の我が国及び世界の発展に貢献する意欲と、そのために必要な知識・技能・態度を備えている。
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

現代ライフ学部 児童学科 小学校・特別支援コースは、建学の精神と卒業認定・学位授与の方針に掲げた目的を達成するため、以下のようなカリキュラムを編成し授業を行う。

  1. 「児童学」等の講義や演習、実習を通して、子どもとのかかわりを、特に教育において活かせる基盤を作る。
  2. 入学年次から、学校インターンシップ等の活動を通して、学校教育の場でも実践的学びを深めていく。
  3. 教職に関する専門的な知識、技能を総合化する教育実習、教職実践演習、児童研究、卒業論文等についてアクティブ・ラーニング等を活用して取り組むことで、教職全般の能力を高める。
  4. 教育について深く理解し、実際の生活に活かすことができる力を修得する。
入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

現代ライフ学部 児童学科 小学校・特別支援コースは、児童への理解を深め、その教育・指導について学ぶコースである。小学校教諭、特別支援学校教諭として子どもの教育に携わり、子どもや子どもをとりまく環境に関する職業人として我が国の発展に貢献できる人材を養成する。この教育目的を達成するため、以下のような入学者を求める。

  1. 児童学を学ぶにあたって必要な基礎学力を備えている。
  2. 子どもに深い愛情と関心を持ち、子どもの理解を専門的知識と実践を基に深めていく意欲を有している。
  3. 子どもに関する問題について学び、積極的に取り組む意欲を有している。
  4. 卒業後、小学校、特別支援学校及び子どもたちと関わりのある様々な場において、教育・指導等に携わる意欲を有している。
保育・幼稚園コース
卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

現代ライフ学部 児童学科 保育・幼稚園コースは、建学の精神をもとに、本コースの教育課程を履修し、以下の知識・能力・態度を修得した者に学位を授与する。
学士(児童学)

  1. 幼児教育・福祉における教育・支援に専門的知識や教養を活用できるとともに、更にそれを向上させようとする意欲と能力を有し、子どもの状況、保育所・幼稚園・施設の問題を論理的・実践的に考察し解決するための力を備えている。
  2. 保育・幼児教育・福祉の現場で求められる基礎的・専門的な知識・技能を修得しそれらを再構築して現場で実践していく資質・能力を身につけている。
  3. 保育・教育・福祉の現場で求められる温かく人と接する人間性、様々な人と協力して責務を遂行する社会性、保育者としての使命感、倫理観を備えている。
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

現代ライフ学部 児童学科 保育・幼稚園コースは、建学の精神と卒業認定・学位授与の方針に掲げた目的を達成するため、以下のようなカリキュラムを編成し授業を行う。

  1. 保育・幼児教育・福祉の現場で求められる基礎的な知識・技能を身につけるとともに、幅広い教養、社会の多様な状況の中での「子どもの育ち」に対応できるための基礎理論を修得する科目を配置する。
  2. 専門分野の理論を自らのものとし、さらに応用・発展させていくための能力(調査・分析・研究)を身につけ、かつそれを保育の現場で活かすことができる実践的能力(問題発見能力・問題解決能力)を養成する。
  3. 大学祭への参加、地域との連携に関する諸活動、保育現場でのボランティア活動、学内の子育て広場での演習、保育現場での実習等々、子どもをはじめとする様々な人と触れ合う経験を通して、保育者としての使命感、倫理観を養成する。
入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

現代ライフ学部 児童学科 保育・幼稚園コースは、保育・幼児教育・福祉の場において主体的・実践的に活動し、社会に貢献するために必要な知識・技能、更に温かい人間性と社会性とを兼ね備えた人材を養成する。この教育目的を達成するため、以下のような入学者を求める。

  1. 専門分野(保育・幼児教育)を学ぶにあたって必要な基礎学力を備えている。
  2. 講義や演習の授業を、自ら主体的に学んでいこうとする強い意欲を有している。
  3. 学んだ知識、技術を、実際の現場で活かしてゆくために必要な積極性・行動力を有している。
  4. 子どもと関わる仕事の重要性を認識し、その仕事に対して常に謙虚な心で向き合おうとする姿勢を有している。

人間文化学科

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

現代ライフ学部 人間文化学科は、建学の精神をもとに、本学科の教育課程を履修し、以下の能力を修得した者に学位を授与する。
学士(人間文化学)

  1. 幅広い教養を身につけ、現代社会の諸課題を理解し、その対処方策について的確に理解することができる。
  2. 各分野・領域の専門的知識と技術、職業人として相応しい実践力を身につけている。
  3. 社会人としての使命感や責任感を持ち、主体的に社会とかかわる資質能力を有している。
  4. 高い倫理観を持ち、職業を通して社会に貢献することができる。
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

現代ライフ学部 人間文化学科は、建学の精神と卒業認定・学位授与の方針に掲げた目的を達成するため、以下のようなカリキュラムを編成し授業を行う。

  1. 現代社会の諸課題を多角的に理解するとともに、幅広い教養と豊かな人間性を培うための科目を配置する。
  2. 人間のコミュニケーションの多様性を理解し、共感と相互理解を深めることができる能力を向上させるための科目を配置する。
  3. 英語、コンピュータスキル等の現代社会に必要な基礎的能力を身につけるための科目を配置する。
  4. 少人数制のセミナー、演習、実習を通して、各分野・領域の専門的知識と技術を高め、実践的な能力と倫理観を身につけるための科目を配置する。
入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

現代ライフ学部 人間文化学科は、少子・高齢化、情報化、グローバル化が進展する現代社会のあり方について実践的に学び、専門知識および教養豊かな人間性を備え、福祉・メディア・グローバルの分野で社会の要請に応え活躍できる人材の養成を目指す。この教育目的を達成するため、以下のような入学者を求める。

  1. 現代社会の諸課題を多角的に理解しようとする意欲を有している。
  2. 各専門分野を学ぶために必要な基礎学力を備えている。
  3. 専門的な知識・技術を得るために、努力を惜しまない姿勢を有している。
  4. 人とのコミュニケーションを大切にする姿勢を有している。
福祉コース
卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

現代ライフ学部 人間文化学科 福祉コースは、高い倫理観と専門的知識・技術を備えた福祉人材の養成を目指す本コースの教育課程を履修し、以下の能力を修得した者に学位を授与する。
学士(人間文化学)

  1. 社会問題に関心を持ち、起こっている問題を多面的・論理的に考察し、福祉的課題の発見と問題解決ができる。
  2. 社会福祉に関する専門的知識・技術を修得している。
  3. 社会人としての使命感や責任感を持ち、主体的に生きていく力、自分の人生を自らデザインできる資質能力を有している。
  4. 社会福祉の専門職として高い倫理観を持ち、仕事を通して社会に貢献することができる。
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

現代ライフ学部 人間文化学科 福祉コースは、建学の精神と卒業認定・学位授与の方針に掲げた目的を達成するため、以下のようなカリキュラムを編成し授業を行う。

  1. 社会の変化に応じて変わりゆく社会福祉の各分野・領域の専門的知識・技術を高めるための科目を配置する。
  2. ボランティア体験や福祉施設実習・社会福祉実習・精神保健福祉援助実習等、現場体験を通して実践的な能力を培うための科目を配置する。
  3. 社会福祉の専門職として社会に貢献できるよう、適性と意欲に応じて、国家試験受験や資格取得を目指し、能力を身につけるための科目を配置する。
  4. 少人数教育により、理論と実践の相互関連を重視して学生の主体的学習を行うセミナー、演習、実習科目を配置する。
入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

現代ライフ学部 人間文化学科 福祉コースは、現代社会の多様化する福祉分野において、主体的・実践的に活動するために必要な高い倫理観と、専門的知識・技術を備えた福祉人材の養成を目指す。この教育目的を達成するため、以下のような入学者を求める。

  1. 福祉の専門分野を学ぶために必要な基礎学力を備えている。
  2. 福祉を学ぶことについて明確な動機と強い意志を有している。
  3. 粘り強く最後までやり遂げる実行力と行動力を身につけようとする意欲を有している。
  4. 周りの人から信頼される誠実さと、人との関わりを積極的に求めていく姿勢を有している。
メディア文化コース
卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

現代ライフ学部 人間文化学科 メディア文化コースは、映像・視覚・情報デザイン、文字表象といったメディア文化領域のそれぞれの分野について能動的に理解し、かつそこで実践的に活躍できる人材の養成を目指す本コースの教育課程を履修し、以下の能力を修得した者に学位を授与する。
学士(人間文化学)

  1. メディアの社会的機能とその直面する課題に関して、広く学際的な知識に基づいて理解し、主体的に思考することができる。
  2. メディアを通した素材を活用し、構成、編集することで、自らが表現する主体として、情報発信する能力を有している。
  3. メディアの専門分野に関する知識・技術・感性を駆使でき、高い提案力・表現力を修得している。
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

現代ライフ学部 人間文化学科 メディア文化コースは、建学の精神と卒業認定・学位授与の方針に掲げた目的を達成するため、以下のようなカリキュラムを編成し授業を行う。

  1. 映像・視覚・情報デザイン、文字表象といったメディア文化の役割と特質を修得し、多様な意見や考え方に触れる機会を積極的に取り入れた科目を配置する。
  2. 個々のテーマを社会との繋がりにおいて認識し、作品制作のためのメソッドと専門的なスキルを修得するための科目を配置する。
  3. 自ら設定した高い目標に向けて知識・技術・感性を有機的に発展させ、集団のなかでのプレゼンテーション力、企画マネージメント力を養うための科目を配置する。
入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

現代ライフ学部 人間文化学科 メディア文化コースは、映像・視覚・情報デザイン、文字表象といったメディア文化領域のそれぞれの分野について能動的に理解し、かつそこで実践的に活躍できる人材を養成するという教育目的を達成するため、以下のような入学者を求める。

  1. 好奇心が旺盛で、様々なメディア表現やものづくりに興味と熱意を有している。
  2. 専門的な知識・技術・感性を身につけるために、自ら設定した目標に向けて継続的な努力を惜しまない。
  3. 人とのコミュニケーションを大切にし、協調性を有している。
グローバルコミュニケーションコース
卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

現代ライフ学部 人間文化学科 グローバルコミュニケーションコースは、建学の精神に則り、本コース所定の教育課程を履修し、以下の能力を修得した者に学位を授与する。
学士(人間文化学)

  1. 世界の文化についての幅広い知識と、自身の属する文化との違いを理解する能力を有している。
  2. 英語を不自由なく使いこなせる能力を有している。
  3. いかなる場面でも相手に敬意を払いつつ同じ目線で堂々とコミュニケーションが図れ、かつ必要に応じ自身の主張を相手に理解せしめる能力を有している。
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

現代ライフ学部 人間文化学科 グローバルコミュニケーションコースは、建学の精神と卒業認定・学位授与の方針に掲げた目的を達成するため、以下のようなカリキュラムを編成し授業を行う。

  1. 自身の属する文化とその特徴をしっかりと理解するための科目を配置する。
  2. 実質的な世界語となりつつある英語を修得し、更に第二外国語を修得する。
  3. 文化を形成する様々な要素(自然、地理、言語、宗教、歴史、経済、政治等)について広く学び、家族単位から国、更には世界地域単位にわたる文化の違いやその背景を修得するための科目を配置する。
  4. コミュニケーション能力の向上をはかるための科目を配置する。
入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

現代ライフ学部 人間文化学科 グローバルコミュニケーションコースは、グローバルな幅広い知識と深い洞察力を有し、世界の誰とでも堂々とコミュニケーションがとれる人材の養成という教育目的を達成するため、本学の建学の精神に共感する以下のような入学者を求める。

  1. 外国とその文化そして国際的な事物に強い興味を有している。
  2. 人とのコミュニケーションが好きである。
  3. 英語力をはじめとする外国語力を高めていく意欲を有している。
  4. 将来世界を舞台に活躍する希望を有している。

経営マネージメント学科

※2020年度より現代ライフ学部 経営マネージメント学科は現代ライフ学部 経営学科へ名称変更予定です。

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

現代ライフ学部 経営マネージメント学科は、建学の精神に則り、様々な専門分野で活躍できる人材の養成を目的とする各コースの教育課程を履修し、以下の能力を修得した者に学位を授与する。
学士(経営学)

  1. 幅広い教養を身につけ、現代社会の諸課題を発見し、改善・解決のために積極的に取り組むことができる。
  2. 現代社会に必要な基礎的なコミュニケーション能力、情報処理能力等を発揮することができる。
  3. 経営学の専門知識はもとより各コースにおいて修得した知識・技能を実践的な場面で的確に活用することができる。
  4. 倫理観と責任感を有し、社会に貢献することができる。
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

現代ライフ学部 経営マネージメント学科は、建学の精神と卒業認定・学位授与の方針に掲げた目的を達成するため、以下のようなカリキュラムを編成し授業を行う。

  1. 幅広い教養を身につけるための科目を配置する。
  2. 現代社会の諸課題を理解するための科目を配置する。
  3. 外国語、コンピュータ及びコミュニケーション能力等の基礎的なスキルを身につけるための科目を配置する。
  4. 実社会で活用できる知識・技能を身につけるために、経営学に関する科目ならびに各コースの専門分野に関する科目を配置する。
  5. 実社会で活躍できる能力を養成するためのキャリア科目を配置する。
  6.  実習、現場体験、ボランティア活動等を通して、実践的な能力と倫理観を身につける科目を配置する。
入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

現代ライフ学部 経営マネージメント学科は、建学の精神及び現代ライフ学部の目的に則り、多様化する現代社会の要請に応えるため、専門知識や技能を修得し実践的に活用できる人材の養成を目指す。この教育目的を達成するため、以下のような入学者を求める。

  1. 幅広い教養と実践的な専門知識や技能を身につけて、社会の要請に応える人材になりたいという強い意欲を有している。
  2. 各コースが求めている入学者受入れの方針を満たしている。
経営マネージメントコース
卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

現代ライフ学部 経営マネージメント学科 経営マネージメントコースは、建学の精神に則り、様々な専門分野で活躍できる人材の養成を目的とする本コースの教育課程を履修し、以下の能力を修得した者に学位を授与する。
学士(経営学)

  1. 幅広い教養を身につけ、現代社会の諸課題を発見し、改善・解決のために積極的に取り組むことができる。
  2. 現代社会に必要な基礎的なコミュニケーション能力、情報処理能力等を発揮することができる。
  3. 経営学をはじめとする専門科目を学修し、その知識・技能を実社会で活用することができる。
  4. 倫理観と責任感を有し、社会に貢献することができる。
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

現代ライフ学部 経営マネージメント学科 経営マネージメントコースは、建学の精神と卒業認定・学位授与の方針に掲げた目的を達成するため、以下のようなカリキュラムを編成し授業を行う。

  1. 幅広い教養を身につけるための科目を配置する。
  2. 現代社会の諸課題を理解するための科目を配置する。
  3. 外国語、コンピュータ及びコミュニケーション能力等の基礎的なスキルを身につけるための科目を配置する。
  4. 実社会で活用できる知識・技能を身につけるために、経営学に関する科目ならびに会計学・経済学など隣接領域の科目を配置する。
  5. 実社会で活躍できる能力を養成するためのキャリア科目を配置する。
  6. 実習、インターンシップ、ボランティア活動等を通して、実践的な能力と倫理観を身につけるための科目を配置する。
入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

現代ライフ学部 経営マネージメント学科 経営マネージメントコースは、多様化するビジネス社会の要請に応えるため、幅広い教養と実践的な専門知識や技能を活かし、主体的に活躍できる人材を養成する。この教育目的を達成するため、以下のような入学者を求める。

  1. 常に向上心を抱き、継続的かつ持続的に学習に取り組んでゆこうとする強い意欲を有している。
  2. 相手の考え方や感じ方を尊重し、対話を通じて相互に理解する気持ちを有している。
  3. ビジネスに関わる専門知識や技能を身につけ、考える力と伝える力を高めることで、社会の要請に応えられる主体性のある人材になりたいと考えている。
トレーナー・スポーツ経営コース
卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

現代ライフ学部 経営マネージメント学科 トレーナー・スポーツ経営コースは、建学の精神に則り、様々な専門分野で活躍できる人材の養成を目的とする本コースの教育課程を履修し、以下の能力を修得した者に学位を授与する。
学士(経営学)

  1. 幅広い教養を身につけ、現代社会の諸課題を発見し、改善・解決のために積極的に取り組むことができる。
  2. 現代社会に必要な基礎的なコミュニケーション能力、情報処理能力等を発揮することができる。
  3. 経営学の専門知識はもとよりスポーツ医科学をはじめとする専門科目を学修し、その知識・技能を実社会で活用することができる。
  4. 倫理観と責任感を有し、社会に貢献することができる。
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

現代ライフ学部 経営マネージメント学科 トレーナー・スポーツ経営コースは、建学の精神と卒業認定・学位授与の方針に掲げた目的を達成するため、以下のようなカリキュラムを編成し授業を行う。

  1. 幅広い教養を身につけるための科目を配置する。
  2. 現代社会の諸課題を理解するための科目を配置する。
  3. 外国語、コンピュータ及びコミュニケーション能力等の基礎的なスキルを身につけるための科目を配置する。
  4. 実社会で活用できる知識・技能を身につけるために、経営学に関する科目ならびにスポーツ医科学に関する科目を配置する。
  5. 実社会で活躍できる能力を養成するためのキャリア科目を配置する。
  6. 実習、インターンシップ、ボランティア活動等を通して、実践的な能力と倫理観を身につけるための科目を配置する。
入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

現代ライフ学部 経営マネージメント学科 トレーナー・スポーツ経営コースは、多様化するスポーツ分野のニーズに応えるため、幅広い教養と実践的な専門知識や技能を活かし、主体的に活躍できる人材を養成する。この教育目的を達成するため、以下のような入学者を求める。

  1. スポーツ医科学、スポーツビジネス、スポーツ文化などへの限りない関心と興味を有している。
  2. 専門知識を学ぶための基礎的な知識と学力を備え、自ら学ぶ努力を惜しまない姿勢を有している。
  3. コミュニケーション能力や協調性を身につけ、豊かな人間性と高い倫理観を獲得しようとする意欲を有している。
  4. 専門知識と実践能力を身につけ、スポーツ分野において社会に貢献しようとする志を有している。
情報システムコース
卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

現代ライフ学部 経営マネージメント学科 情報システムコースは、建学の精神に則り、情報システム分野で活躍できる人材の養成を目的とする本コースの教育課程を履修し、以下の能力を修得した者に学位を授与する。
学士(経営学)

  1. 幅広い教養を身につけ、現代社会の諸課題を発見し、改善・解決のために積極的に取り組むことができる。
  2. 現代社会に必要な基礎的なコミュニケーション能力、情報処理能力等を発揮することができる。
  3. 情報システム分野を中心とした専門科目を学修し、その知識・技能を実社会で活用することができる。
  4. 倫理観と責任感を有し、社会に貢献することができる。
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

現代ライフ学部 経営マネージメント学科 情報システムコースは、建学の精神と卒業認定・学位授与の方針に掲げた目的を達成するため、以下のようなカリキュラムを編成し授業を行う。

  1. 幅広い教養を身につけるための科目を配置する。
  2. 現代社会の諸課題を理解するための科目を配置する。
  3. 外国語、コンピュータ及びコミュニケーション能力等の基礎的なスキルを身につけるための科目を配置する。
  4. 実社会で活用できる知識・技能を身につけるために、経営学に関する科目ならびに情報システム分野の専門科目を配置する。
  5. 実社会で活躍できる能力を養成するためのキャリア科目を配置する。
  6. 実習、インターンシップ、ボランティア活動等を通して、実践的な能力と倫理観を身につけるための科目を配置する。
入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

現代ライフ学部 経営マネージメント学科 情報システムコースは、多様化するビジネス社会の要請に応えるため、幅広い教養と実践的な専門知識や技能を活かし、主体的に活躍できる人材を養成する。この教育目的を達成するために、以下のような入学者を求める。

  1. 常に向上心を抱き、継続的かつ持続的に学習に取り組んでゆこうとする強い意欲を有している。
  2. 相手の考え方や感じ方を尊重し、対話を通じて相互に理解を深めようとする気持ちを有している。
  3. 数学と理科の基礎的な知識や技能を身につけ、コンピュータや情報社会に広い関心を有している。

観光経営学科

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

現代ライフ学部 観光経営学科は、建学の精神をもとに、観光を中心とするサービス産業の分野で必要とされる専門知識と、産業人としての素養と実践力を身につけ、以下の知識・能力・態度を修得した者に学位を授与する。
学士(経営学)

  1. 観光及び観光ビジネスに関する専門知識を有し、産業人として実践する準備ができている。
  2. 人と文化の交流を促進できる豊かな人間性と幅広い教養を身につけ、高い倫理観と責任感を有し現代社会の諸問題に積極的に取り組むことができる。
  3. 相手を理解し、自分の考えを的確に表現するコミュニケーション能力とともに、周囲との協調性を有している。
  4. 豊かな日本語の表現力と語学力を有している。
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

現代ライフ学部 観光経営学科は、建学の精神と卒業認定・学位授与の方針に掲げた目的を達成するため、以下のようなカリキュラムを編成し授業を行う。

  1. 観光産業を中心としたビジネス分野の基礎的、専門的、実践的知識を修得する科目を配置する。
  2. 観光及びサービス産業の経営課題を総合的に理解し、そのあり方について実践を通して考察する科目を配置する。
  3. 観光産業人の基礎となる国内・国外の地理・歴史・文化について理解を深める科目を配置する。
  4. 語学力の向上をはかるとともに、広く社会で活躍出来る幅広い教養を身につける科目を配置する。
入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

現代ライフ学部 観光経営学科は、実社会で活躍できる観光産業人として、それに相応しい専門知識、応用力、実践能力、英語力を身につけた人材を養成するという教育目的を達成するため、以下のような入学者を求める。

  1. 観光について積極的に修得しようとする意欲を有している。
  2. 地理・歴史・文化などに高い関心があり、豊かな日本語の表現力と語学力を修得しようとする意欲を有している。
  3. 人との交流が好きで、人々に感動を与えるサービスや企画を行うことに関心がある。
  4. 豊かな人間性と良識、周囲を思いやる協調性を有している。