理学療法学科
Faculty

学部・大学院

健康メディカル学部

理学療法学科

理学療法学科
理学療法学科

リハビリテーションの専門家として
様々な場面での活躍を目指す

目指せる職業の仕事紹介

紹介動画

確かな実践能力を養う3つの学び

充実した臨床実習体制

卒業までに各年次で合計20週間の臨床実習を実施し、実践能力を養います。実習前には、共用試験(CBT)と客観的臨床能力試験(BASIC OSCE)を行っています。

海外研修で世界の
理学療法士の現場を知る

アメリカやタイへの海外研修があり、現地の大学や医療施設などを見学しリハビリテーションの現状を体験します。専門分野だけではなく、異文化にも触れることができます。

卒業研究指導および
国家試験対策の充実

教員全員で卒業研究の指導を行い、卒業研究発表会を実施しています。4年次の卒業前に実施される国家試験に対しても、連携の取れた密な受験対策指導を行っています。

※2022年5月時点男女比

6 4

男6:女4

取得可能資格

  • 理学療法士国家試験受験資格
  • 初級パラスポーツ指導員
  • 中級パラスポーツ指導員

目指せる資格

  • 福祉住環境コーディネーター など

想定される進路

  • 総合病院
  • 大学病院
  • 整形外科病院・クリニック
  • リハビリテーションセンター
  • 保健所・行政機関
  • スポーツ関連施設
  • 老人保健施設
  • 大学院進学 など

卒業生の就職先・進路

健康メディカル学部の就職実績の詳細はこちら

業種別

 

在学生の声

<small>4年</small> 岸本 隼一<small>さん</small>
4年 岸本 隼一さん 東京都・東亜学園高等学校出身

充実した設備とプログラムが学びをサポート

幼い頃から理学療法士を目指しており、本学のオープンキャンパスに参加した際、他大学よりも臨床実習や授業プログラムが充実していると感じて入学を決めました。現在は臨床実習に向けて検査やリハビリの練習を行っています。講義を通して様々な人と関わることで、自然と実際の現場で必要となるコミュニケーション能力が身につきました。動作分析視点からの運動能力の向上について大変興味があり、今後は卒業研究にも力を入れていきたいと思っています。
※2023年度取材

帝京平成大学を知ろう! ~理学療法学科~

4年間の学びの流れ

1年次

教養を学び、実習を体験
一般教養科目および解剖学・生理学・運動学などの基礎医学系科目と一部の理学療法専門科目を履修し、1年次後期末に臨床実習Ⅰの見学実習が組み込まれています。

【学外実習】
臨床実習Ⅰ[1週間]

2年次

専門分野の基礎を固める
臨床医学(内科・神経系)・リハビリテーション医学などの臨床医学系科目を履修するとともに、理学療法評価学などの基礎理学療法学系科目を履修します。

【学外実習】
臨床実習Ⅱ[1週間]

3年次

インターンシップに備える
各疾患の理学療法治療学や理学療法各専門科目を履修し、臨床実習Ⅲの事前学修・実習訓練を行います。

【学外実習】
臨床実習Ⅲ[9週間]

4年次

国家資格取得に向け取り組む
臨床実習Ⅳを実施し、卒業研究発表会を実施します。複数回の模擬試験を受験し、国家試験対策を行います。

【学外実習】
臨床実習Ⅳ[9週間]

ピックアップ授業

表面解剖と触診入門

本科目は入学して最初に学ぶ「専門科目」で、理学療法士にとって必要な基本的な知識として、体を表面から触って(触診/palpation)、筋肉の形・走行と目安となる骨のランドマークを三次元的なイメージで理解します。

物理療法学実習

臨床現場で治療に用いる各種物理療法機器の管理や取り扱い方法を学ぶ科目です。実際に機器を使って学生グループで実験を行い、人体に物理的な刺激を加えるとどのような変化が生じるのかを実際に体験し学修します。得られた結果を共有してレポートにまとめ、理解を深めます。

帝京平成大学 大学案内

 

学部・学科・コースの概要や大学案内はデジタルパンフレットでも閲覧可能です。

発行物 一覧