• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

開催レポート

開催レポート ※平成29年度オープンキャンパス 今後の日程・内容はこちら

模擬授業・在学生インタビュー

中野キャンパスの各学科・コースごとに、当日の模擬授業の内容や在学生へのインタビューを掲載!
内容は随時更新してまいります。

薬学科 小学校・特別支援コース 保育・幼稚園コース
福祉コース メディア文化コース グローバルコミュニケーションコース
経営マネージメントコース トレーナー・スポーツ経営コース 情報システムコース
観光経営学科 看護学科

薬学部
薬学科薬学科 概要

模擬授業

薬学部 薬学科 山元健太 講師

― 模擬授業の内容を教えてください。

【自分の体のしくみを知ろう!】

なぜお腹が空くのか?どうして太ってしまうのか?筋肉はどのように力を出しているのか?など、ヒトの体の仕組みを解明する学問を「生理学」と呼びます。
今回の模擬授業では、「ものを見る仕組みとは?」「目の錯覚はなぜ起こるのか?」について説明しました。

私たちはどのようにして物体を見ているのでしょうか?なぜ、目の錯覚が起こるのでしょうか?錯覚を起こす原因から自分の身体の仕組み、つまり「生理学」を学んで理解することが、今回の模擬授業のポイントです。

― 普段どのような授業を担当されていますか?

「薬学基礎実習(薬学科)」「生体の機能調節(薬学科)」「薬学総括講義(薬学科)」「人体生理学(看護学科)」などを普段担当しています。生命体の成り立ちや消化・吸収といった人体の機能、薬剤師として現場に出た時に必要とされる知識などを学びます。上記の実習以外の授業は生理学の授業です。生理学はヒトの身体について知る学問で基礎医学とも呼ばれ、医療に携わる人たちは必ず学ぶ学問です。

在学生インタビュー

5年 古屋明美さん、5年 山本絋輝さん

― 普段はどんな授業や勉強をしていますか?

病院や薬局で実習を行っています。専門科目が多く内容も難しいですが、分からないことは進んで質問し理解に努めています。

― 現在の学科を志望した理由は?

薬剤師になるのが夢で、薬を通じて患者さんや地域の方々の健康を支えたいと思い志望しました。本学は早い段階から共用試験・国家試験の対策ができるため、確実に知識を深められます。

― 普段はどんな授業や勉強をしていますか?

病院・薬局への実習や国家試験に向けた勉強のほか、卒業研究として体内におけるタンパク質の働きを研究をしています。

― 現在の学科を志望した理由は?

患者さんに深く関わる職に就きたいと思い、薬学部へ進学しました。学年が上がるにつれ専門科目や実務実習を行うようになると、薬剤師になるんだという自覚が徐々に芽生えてきます。

学科・コース選択へ戻る

現代ライフ学部 人間文化学科
福祉コース福祉コース 概要

模擬授業

現代ライフ学部 人間文化学科 福祉コース 平岡久仁子 教授(人間文化学科長)

― 模擬授業の内容を教えてください。

【未知との遭遇 ~福祉の世界~】

人が生きていく中で社会福祉の援助が必要な場面を想像し、どのような援助があるのかを知り、それらの援助をつなげる役割を担う仕事が社会福祉士であることを説明しました。

援助を受けて、新たな人生を切り拓く、未知の世界へ踏み出す力を共に体験できる社会福祉士に関心を持っていただければと思います。

― 普段どのような授業を担当されていますか?

「保健医療サービス」「地域福祉の理論と方法」の授業では、病気や障害などを持ちながらも普通の生活を送ることができる制度や人的資源の活用方法を学びます。また、「相談援助演習」「相談援助実習指導」の授業では、現場で活用できるコミュニケーションスキルや面接技術の指導をしています。

在学生インタビュー

3年 天野美保さん、3年 蒲田航さん

― 「面白いな」と思う授業はありますか?

「相談援助演習」という、少人数で事例をもとに意見交換する授業があります。これにより自ら発言ができるようになりました。

― 現在のコースを志望した理由は?

普段から人の相談をよく受けることもあり、この経験を活かして人の力になれる仕事がしたいと思ったのがきっかけです。キャンパスがきれいで立地が良いのも理由です。

― 普段はどんな授業や勉強をしていますか?

福祉の対象である高齢者・障がい者など、人々を取りまく環境や制度について知り、支援計画を立てる方法を学んでいます。

― 受験生におすすめしたいポイントは?

本学では福祉の基礎から段階的に学ぶことができるので、大学に入ってから福祉を学び始める人にも理解しやすく、国家試験についても手厚く指導していただけるのでおすすめです。

3年 東條翼さん

― 「面白いな」と思う授業はありますか?

現場で活躍する方に外部講師として授業をしていただくことがあります。活動・援助の内容を聴くことができ興味深いです。

― あなたの所属するコースの魅力は?

社会福祉士国家試験に合格するためのサポートが充実しているのが魅力です。過去の試験問題を解くことができたり、国家試験対策の授業があったり、しっかりと試験対策ができます。

学科・コース選択へ戻る

現代ライフ学部 人間文化学科
メディア文化コースメディア文化コース 概要

模擬授業

現代ライフ学部 人間文化学科 メディア文化コース 加瀬倫有 講師

― 模擬授業の内容を教えてください。

【写真の基礎を知ろう!】

今や写真や動画はいたるところに溢れています。デジタルサイネージや広告の大型化など公共の場から、SNSなどの私的なコミュニケーションの場まで、映像や写真などのメディアの存在は今や欠かすことのできないツールとなっています。

情報がめまぐるしく大量に消費されていく中、少しだけ立ち止まって大事にしたいと思えるような一枚の作品を作りたい。
その入り口に立った時に押さえておくべき写真についての基本知識を、皆さんと勉強しました。

― 普段どのような授業を担当されていますか?

主にポスターや雑誌など、グラフィックデザインの授業を担当しています。
色、質感、そしてカタチ。その要素がどのような言葉を含んでいるのか、その意味を理解し、微妙なニュアンスの差を感じ取れるようになることが最初の目標地点です。

在学生インタビュー

2年 最上智耶さん、2年 和栗拓磨さん

― 「面白いな」と思う授業はありますか?

「映像制作基礎演習」の授業が楽しいです。ビデオカメラ、一眼レフ、スマートフォンなど様々なカメラを使って撮影をします。

― 現在のコースを志望した理由は?

テレビや映画を見るのが好きで、興味を持ったのでこの学科を志望しました。写真、デザイン、アートなど様々なジャンルの基礎から応用までを学ぶことができます。

― 普段はどんな授業や勉強をしていますか?

映像に関する歴史や制作のフローなどを学ぶほかにも、実際にカメラを使って撮影の仕方を学ぶ実践的な授業もあります。

― 受験生におすすめしたいポイントは?

映像やメディアについて詳しい先生方に基礎から丁寧に教えていただくことができ、しっかりと知識やスキルを身につけられます。入学前から映像や機器の知識がなくても安心です。

学科・コース選択へ戻る

現代ライフ学部 人間文化学科
グローバルコミュニケーションコースグローバルコミュニケーションコース 概要

模擬授業

現代ライフ学部 人間文化学科 グローバルコミュニケーションコース ジェイソン・クディア 講師

― 模擬授業の内容を教えてください。

【~Using Questions to have English Conversations~】

The purpose of today's lesson was to introduce how to have simple conversations in English.
Today's demo lesson was about using questions to help have basic simple conversations. By using simple questions, we can exchange information with others. Also, we should react to information when we hear it.
Its main features were discussing which topics we like to talk about the most. Next we practiced making simple questions. After that we practiced reacting phrases for conversations. Finally, we played a conversation game that allowed us to practice each part that we studied.

― 普段どのような授業を担当されていますか?

I teach English, business and culture classes. We focus on how we use language to communicate in many different situations such as friends, work, travel, school, entertainment and problems. We use games, pairwork, team work, videos, presentations, internet and research to study, get information and practice many different styles of oral and written communication.
Usually my classes deal with how we communicate based on the situation, people and time. We also focus on why some vocabulary and phrases are important for different situations. We also explore the differences in communication between Japan and other foreign cultures.

在学生インタビュー

2年 鈴木玲奈さん、1年 吉田啓太さん

― 「面白いな」と思う授業はありますか?

ジェイソン先生の授業がとても面白いです。座って聞くのではなく身体も動かして、英語を使って授業するので勉強になります。

― 現在のコースを志望した理由は?

グローバル化社会の中で、世界共通語である英語を重点的に学ぶことができる本コースを志望しました。先生と学生の距離が近く勉強以外の様々なことも学ぶことができる良いコースです。

― 普段はどんな授業や勉強をしていますか?

現在はTOEICの勉強をしています。"グローバルコミュニケーション"というコース名の通り、英語を中心に学んでいます。

― 現在のコースを志望した理由は?

高校生のころから英語に興味があったので、本コースを志望しました。受験生の皆さんには、大学生生活を楽しむために自分の好きなもの、やりたいことを大切にして欲しいです。

1年 吉田龍之介さん

― 普段はどんな授業や勉強をしていますか?

英語の授業が多いので、自主学習も英語が中心です。私は英語が苦手でしたが、徐々に英語力がついた実感があります。

― 受験生におすすめしたいポイントは?

世界情勢や日本の良いところなど多くのことを知り、学ぶことができます。海外のことをよく知らなくても、英語を勉強したい気持ちがあれば大丈夫です。

学科・コース選択へ戻る

現代ライフ学部 経営マネージメント学科
経営マネージメントコース経営マネージメントコース 概要

模擬授業

現代ライフ学部 経営マネージメント学科 経営マネージメントコース 小方信幸 教授

― 模擬授業の内容を教えてください。

【東京ディズニーリゾートから学ぶ企業経営】

東京ディズニーリゾートを企画運営するオリエンタルランドの事例を通じて企業経営を学ぶ模擬授業を、アクティブラーニングという学習法で行いました。

学習者が能動的に学習に参加することをアクティブラーニングと呼びます。一方的に知識伝達を行う講義のスタイルではなく、課題研究・ディスカッション・プレゼンテーションといった能動的な学習を取り込んだ授業の総称です。
今回の模擬授業では、具体的なケースを学びつつリアルな新規事業計画を扱うことをメインに、専門的で高度な内容の授業を展開しました。アクティブラーニングという学生参加型の授業を行うことで、企業経営の一端を理解することができます。

具体的な内容としては、初めにケースとグループワークで学ぶ当コースの授業について説明した後、「ディズニーランドで学ぶ企業経営」について解説しました。
東京ディスニーリゾートを運営する株式会社オリエンタルランドと米国ディズニー社との経営情報の比較や、実際に授業で学生に実施した「TDRに関するアンケート」結果の紹介、最後には「オリエンタルランドの新規事業」という題材でグループワークのさわりの部分を体験していただきました。
人気が高く、馴染み深い存在である東京ディズニーリゾートを扱ったので、参加者の皆さんに大変関心をもっていただけたかと思います。

― 普段どのような授業を担当されていますか?

今年度の担当科目は、「企業情報(企業が発信する財務情報と非財務情報、金融市場論など)」「企業と倫理/企業倫理」「会計学」「経営マネージメント演習」などを担当しており、今回の模擬授業のようなグループワークを中心としたアクティブラーニングを多く取り入れている授業もあります。
企業に対し「企業の社会的責任(CSR:Corporate Social Responsibility)」に関する提案を行う「経営マネージメント演習」では、アクティブラーニングを発展させた、問題解決型学習(PBL:Project-Based Learning)という少人数グループでの学習法を扱います。一方で会計学や企業情報など、基礎的な知識や考え方を身に付ける授業では、アクティブラーニングよりも講義が中心です。
これらの科目ではビジュアルな教材を使用したり、ストーリーやエピソードを交えて授業を行っています。例えば、会計学では「短大を卒業した若い女性がケーキ店を開店するストーリー」で財務諸表の構造を説明しています。授業を受けた学生からは、ストーリーを使った部分はとても理解しやすいと好評ですが、まだまだ会計学全体をストーリー化するには難しく、今後の課題となっています。  

在学生インタビュー

3年 加藤慎一郎さん、2年 田中あやさん

― 普段はどんな授業や勉強をしていますか?

経営学、経済学などを学んでいます。最近ではゼミで経営学者・コトラーの書籍を要約してレジュメを作り、発表をしました。

― あなたの所属するコースの魅力は?

企業で働いた経験のある先生方が多くいらっしゃるので、社会に出てから知るようなビジネスや企業に関する話を聞くことができます。学生のうちから知識を身に付けられる点が魅力です。

― 普段はどんな授業や勉強をしていますか?

マーケティングなどの経営に関する授業や、学芸員資格取得のための授業などがあります。SPIや簿記も勉強しています。

― 受験生におすすめしたいポイントは?

将来社会に出て働く時に役に立ちそうな経営に関する知識が付きます。また、学生と先生との距離がとても近いので、授業内容の質問から個人的な悩みまで親身に話を聞いてもらえます。

学科・コース選択へ戻る

現代ライフ学部 経営マネージメント学科
トレーナー・スポーツ経営コーストレーナー・スポーツ経営コース 概要

模擬授業

現代ライフ学部 経営マネージメント学科 トレーナー・スポーツ経営コース 原田長 講師

― 模擬授業の内容を教えてください。

【~足首の捻挫のあと、どうしたらよいか?~】

「足関節の捻挫の後どうしたら良いか」というテーマで模擬授業を実施しました。
スポーツをしている多くの人が経験したことのある足関節の捻挫とは一体どういう怪我なのか。また、それによって身体にどのようなことが起きて、何もせずにスポーツ復帰するとどういう状況に陥りやすいかを説明しました。再発予防のための筋力トレーニング、バランストレーニングを評価をし、エクササイズの効果を皆さまに体験していただきました。

― 普段どのような授業を担当されていますか?

日本体育協会公認 アスレティックトレーナーの資格取得に必要な関連科目の中で、「検査・測定と評価」「アスレティックリハビリテーション」の授業を担当しています。
「検査・測定と評価」の授業では、アスレティックトレーナーとして選手が怪我をした時の応急処置や、復帰のためのリハビリテーションをする上で体がどういった状況にあるか把握するための「評価」を学び、「アスレティックリハビリテーション」の授業では、怪我からのリハビリテーションの考え方と、その手法を学びます。

在学生インタビュー

2年 大髙琴海さん、3年 下畑拓己さん

― 「面白いな」と思う授業はありますか?

「検査・測定と評価」という授業では、関節可動域や筋萎縮などの測定の仕方を学ぶことができ、とても勉強になります。

― あなたの所属するコースの魅力は?

アスレティックトレーナーの資格を持つ先生が多くいらっしゃいます。実際に現場で活躍されている先生方のお話を聞くことができるのが、本コースの魅力だと思います。

― 普段はどんな授業や勉強をしていますか?

アスレティックトレーナーに必要な知識を身につけるため、テーピングやトレーニングの指導、外傷の予防を学んでいます。

― 現在のコースを志望した理由は?

高校生の頃からスポーツに関わる職業に携わりたいと考えていたので、アスレティックトレーナーを目指せる本コースを志望しました。高いレベルの内容を深いところまで学べます。

学科・コース選択へ戻る

現代ライフ学部
観光経営学科観光経営学科 概要

模擬授業

現代ライフ学部 観光経営学科 泉孝明 教授

― 模擬授業の内容を教えてください。

【会社の経営はどんなものだろう?】

将来、観光産業での活躍を目指す学生にとって、観光について勉強をすることはもちろん大切なことですが、観光産業の基礎となる会社経営の根幹について学んでおくことも必要です。

今回の模擬授業では、会社の経営がどのように成り立っているのか説明しました。会社の組織や指示命令系統、経営理念や利益の生み出し方、会社の利害関係者(ステークホルダー)や企業(製品)のライフサイクルなど、参加者の皆さんと一緒に考えながら理解を深めました。

― 普段どのような授業を担当されていますか?

「経営情報I~IV」の授業で、会社の経営管理や経営分析を中心に学び、「就職支援」や「キャリアプラン」の授業では、自分のキャリアプランがしっかりと描けるよう、これからの就職活動への取り組み方について理解を深めます。
また、「くらしの科学/生活科学」の授業では、電化製品の賢い省エネルギーの方法や地球温暖化対策としていま脚光を浴びている再生可能エネルギーなどについて、学生と共に学んでいます。

在学生インタビュー

2年 中島華さん、2年 李怡芬さん

― 普段はどんな授業や勉強をしていますか?

観光産業や旅行地理、ホスピタリティマインドを学んでいます。旅行の企画や見積もりを考える授業が面白いです。

― 現在の学科を志望した理由は?

旅行することが好きで、観光業に携わりたいと思ったからです。本学科ではプロ野球球団とコラボレーションして企画運営をする授業があり、この授業を受けたいと入学前から思っていました。

― 普段はどんな授業や勉強をしていますか?

地域を盛り上げるための事業の企画や旅行のプランニングなど、将来役に立つ知識を学べる授業がたくさんあります。

― 受験生におすすめしたいポイントは?

本学科は、観光に関する専門的な知識が修得できるだけでなく、実際に企画に携わる機会があるので、将来社会に出た時にも役に立つような実践的な能力を身につけることができます。

学科・コース選択へ戻る

ヒューマンケア学部
看護学科看護学科 概要

模擬授業

ヒューマンケア学部 看護学科 越智美智子 教授

― 模擬授業の内容を教えてください。

【高齢者看護の対象を理解する】
-老いること・老いを生きること-

まず初めに、看護とは「人間を生活の視点から、生理的・心理的・社会的な側面を持つ『統合体』としてとらえ、あらゆる発達段階・健康段階にある人や集団・地域の人が、その人らしい生活過程を整え自立ができるように支援をする、社会にとってなくてはならないもの」であることを説明しました。
「看取り護ること」という言葉の意味や、「知識」「技術」「精神・態度」3つの要素が支え合って看護ケアとなること、ナイチンゲール・ヘンダーソンなどの先覚者達が述べた看護の定義、看護師への道や職場環境についても紹介しました。

看護とは何かについて触れた後、高齢者看護学を学ぶことの意義について、その背景と社会の現状を基に大学での修得ステップを説明をし、高齢者看護学の概論的な講義を行いました。
約4人に1人が高齢者となる超高齢社会を迎えた現代、この領域の必要性が高まってきており、他領域よりも学ぶ時間数が増加しつつあります。核家族化によって高齢者に接する機会が少ない若者に対して、高齢者とどう向き合い理解していくべきか示唆するような授業の展開をしました。

― 普段どのような授業を担当されていますか?

「高齢者看護学概論」では、高齢者の加齢現象や特徴的な発達課題、身体的・精神的・社会的な視点から捉える特徴や健康問題、保健・医療・福祉の連携など高齢者を取り巻く環境なども含め高齢者を全人的に理解します。また、高齢者へのインタビューや高齢者の疑似体験を行うことで、高齢者への理解を深めます。他にも、「高齢者看護学援助論」では、高齢者の健康状態の変化、特有の疾患・症状を引き起こす要因や病態生理、治療と看護の方法などを学び、「災害看護論」の授業では、災害の基本的知識や制度、災害サイクルに応じたトリアージをはじめとする援助方法を学びます。
座学以外にも、病院や介護老人保健施設で行う「高齢者看護学実習」の担当もしています。

在学生インタビュー

4年 興津由香さん、4年 齊藤恵さん

― 「面白いな」と思う授業はありますか?

実際に患者さんの看護を行う実習があります。コミュニケーションの仕方など机上では学べないことを学ぶことができます。

― 受験生におすすめしたいポイントは?

看護学科はグループワークや実習が多いので、たくさんの仲間ができます。勉強や実習がつらいときも友達同士で助け合い、乗り越えることができる結束力の強い学科だと思います。

― 普段はどんな授業や勉強をしていますか?

グループで学びを深める授業が多いです。他の人の考えを互いに共有しあうことができるので、新たな発見があります。

― 現在の学科を志望した理由は?

幼い頃から看護師に憧れていたからです。特に本学は看護を学ぶための施設が充実している上に、中野という立地の良い環境にあるので通学しやすいという点で入学を決めました。

学科・コース選択へ戻る

オープンキャンパスの申込みはこちら


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 入試要項ダウンロード Web願書 入試について知る