• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

お知らせ

本学大学院 臨床心理学研究科 音羽健司教授らの国際共同研究グループが、不安症の新規遺伝子を発見しました。

2016年1月12日

本学大学院 臨床心理学研究科 音羽健司教授と米国バージニア・コモンウェルス大学のジョン・ヘッテマ准教授らの国際共同研究グループが、不安症(全般性不安症、パニック症、恐怖症)に共通する疾患感受性遺伝子2か所を発見しました。

本研究成果は、米国の科学雑誌『Molecular Psychiatry』に掲載されるのに先立ち、オンライン版に掲載されます(米国東部時間1月12日付)。

関連リンク

お問い合わせ先

<研究、取材に関する問い合わせ>
帝京平成大学大学院 臨床心理学研究科
教授 音羽 健司(おとわ たけし)
E-mail:メールアドレス画像

<本リリース発信元>
池袋キャンパス 総務課
TEL:03-5843-3111(代表)

ページの先頭へ