• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

お知らせ

5/10(土)明治大学連携講座「身近な薬用植物と健康」を開催しました。

2014年5月20日

5/10(土)中野キャンパスにて明治大学リバティアカデミーとの連携講座「身近な薬用植物と健康―現代病に挑む漢方の知恵を学ぶ―」を開催しました。私たちが使う漢方薬にどれだけ身近な植物が使われているのか、そして認知症や糖尿病も含めて現代病(文明病)に対してどのような漢方薬が使われているのかについて、薬学部 石井竹夫准教授が、豊富な資料をもとに紹介いたしました。

当日は生薬の標本を展示しましたが、参加者の中には熱心に観察されている方もおり、学びの一助となったようでした。

参加者からは、身近な野草の中に薬用植物があることの驚きとともに、漢方の知恵の奥深さについて大変な興味を持つことができた、とのお声をいただきました。多くの方にご参加いただき、誠にありがとうございました。

講座の様子

   
 
薬学部  石井 竹夫  准教授   生薬標本の展示の様子

ページの先頭へ