• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

お知らせ

千葉キャンパスにて初級障がい者スポーツ指導員特別講習をおこないました。

2017年4月12日

3月23日から25日の3日間、地域医療学部(現:健康医療スポーツ学部)学生を対象に初級障がい者スポーツ指導員特別講習をおこないました。

初級障がい者スポーツ指導員は、日本障がい者スポーツ協会が認定する指導者資格で、主に初めてスポーツに参加する障がい者に対してスポーツの喜びや楽しさを重視したスポーツの導入を支援するという役割があります。本学はこの資格の課程認定校であり、3日間の集中講座を受講することで資格取得が可能です。この講習には、理学療法学科・作業療法学科・医療スポーツ学科から60名を超える参加がありました。

また、25日にはこの講習と千葉県庁のパラスポーツ普及事業とがコラボレーションし、日本ゴールボール協会のご支援のもと、ゴールボール競技体験会を実施しました。体験会では、日本ゴールボール協会男子代表ヘッドコーチの池田貴氏をはじめ、男女の日本代表選手5名にご指導をいただき、学生にとって貴重な経験となりました。

本学は東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と連携を締結し、大会開催に向けて取り組んでおり、本講習会及び体験会を今後の取り組みにつなげてまいります。
なお、25日に実施された体験会の様子は千葉日報(3月28日付朝刊)にも掲載されました。

当日の様子

  170411_01.jpg   170411_02.jpg

新聞記事

  170411_03.jpg
  千葉日報記事(平成29年3月28日版)
※ 画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

関連リンク

ページの先頭へ